日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

調子悪し...

 いつもの稽古。

 稽古の始めに、無休の女の子3人の胴衣を先生が持ってきました。
 
 「着たい?」

 先生、そりゃ着たいって言うよ!!

 実際に着てみるとサイズも袖と裾をひとつ折り返すくらいでちょうどいい感じ。
 管理人他で帯を結んであげて稽古開始です。

 中学生は主に3年生が不参加。
 文化祭の準備などで忙しい時期です。

 基本では手刀受けのスピードを上げる練習を行いました。

 基本稽古が終わったところで管理人は離脱。
 腰の調子が悪くて、移動基本、組手にはついていくのが難しい状態だったんです。

 この辺りで参段の男性が遅れて参加。
 組手の稽古で試合を行い始めると、管理人は柔軟体操などを行って腰を柔らかくするようにしていたのですが、先生から審判役を言い渡されてしまいました。

 お互いの攻撃が中途半端に終わってしまい、なかなか勝負がつかない中学生の2人がいたので、自分の攻撃パターンが決まっているならその先を考えて動くように指導しました。
 パターンが終わって攻撃が途切れてしまうのでは、いつまでたってもポイントは取れませんからね。

 形の稽古では、平安初段の後半の挙動の追い突き部分を練習しました。
 参段の男性は、突きの体勢がしっかり極まっているのが良く分かります。
 不祥、管理人も同じ参段ではありますがレベルの差は歴然。

 ある人がレベルの差を喩えるに、運転免許を引き合いに「ペーパードライバーとF1ドライバーの差」ということを言いました。 
 持っている資格は同等でも、経験や知識量、技量の差によってレベルが全く違うということです。
 
 稽古の終わりに先生が「努力しなさい」と言います。
 それは「これで終わりというところはない」から「常に向上心を持って努力を継続しなさい」ということです。
 そして「ほんのわずかでも出来なかったことが出来るようになった」のであれば向上したということです。

 突きでも受けでも、稽古が終わった時に何か得るものがあるようにしたいですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/998-6331512b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad