日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

豪雨災害

 ここ数日の豪雨で関東から東北にかけての広い範囲で甚大な水害が発生していますが、各地の空手関係者の方の無事をお祈りします。
 自然の猛威に抗うことはできませんが、被害を最小に収めるためにも普段からの心構えと準備をしっかり備えたいと思います。 
 被害にあわれた方、どうぞ気持ちを強く持ってください。

 さて、8月半ばから急に秋の気配を漂わせていた長野市ですが、週末はちょっと逆戻りしましたね。
 道場の中は涼しい風が吹き抜けていくのですが、体感的にはかなり暑い!
 結局、汗だくになるのはお決まりですね。

 稽古が締まってからのお話。

 白帯の男の子が「平安初段を教えてください」とやってきました。
 この夜も形の稽古で「平安初段」の中間部の挙動を繰り返し練習しました。
 管理人も一旦はOKが出たものの、演武の途中で不十分な挙動があり、結局ダメ出し。
 稽古が締まってから、少し自主練をした後のことです。

 形の順序は覚えているので、あとは正確性です。

 立ち方をチェックすると、やっぱり難しいですね。
 前屈立ちは体勢を低く保てないし、後屈立ちは身体がまっすぐに保てません。

 「キツイ~!」

 後屈立ちを直している時の思わず出た言葉ですが、正しい立ち方がキツイものだということを理解できればそれでOK。
 あとは楽をしないで正確にできるように頑張るだけです。
 これがすぐにできてしまったら管理人の面目が.....

 「空手が下手でも恥ずかしいことなんか何もない。他人と比べるから上手い下手が付くけれど、これで終わりということはない。いつまでも上を見て挑戦し続けることが大切。」

 先生が稽古の締めに言いました。
 努力を継続するのは黒帯も白帯も同じです。
 それぞれの目標を持って、それに向けて頑張るだけですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/997-dd134187
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad