日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

週末

 金曜日の稽古は、管理人は遅れて参加。
 参段の一般男性も同じく遅れての参加。

 道場に入ると移動基本の最中です。

 「!!」

 見慣れない男の子の姿が!

 どうも新人さんのようです。

 みんなと一緒になって移動基本をやっています。
 見学に来られて、お試しでやっているのかなと思いました。
 稽古が締まってから、お迎えに来ていた保護者の方とお話しする時間があったのですが、小学3年生だそうです。
 「自分で空手を選んだ」ということで、これから楽しみながらしっかり稽古して行ってくれれば良いね。

 その移動基本。
 新人さんの後ろについて移動基本を練習していた茶帯がいました。
 前後左右に経験者がいた方が良いので、管理人は新人さんをその様に列の中に入れていきます。
 でも、その時は新人さんの前には誰もおらず、後ろには茶帯。左右にはやはり誰もいません。

 これってどうですか?
 管理人の目には、「自分が前に出て稽古するのが面倒なので、新人を前に追いやってその後ろについた」としか映りませんでした。
 あるまじき態度です。

 自分が見本にならなければいけない立場なのに.....
 残念でなりません。
 自分ができる、できないのレベルではなく、稽古に臨む姿勢がなってない。

 形の稽古では、「平安初段」をやります。
 まだ、新人さんができませんからね。
 しばらくはこの練習でしょう。

 色帯以下は有段者の指導を受けます。
 連休最後に昇段審査がある関係で、受験予定者は自主練習です。
 
 最後にみんなの前で形を演武することになりました。
 いつになく緊張して足が震えてしまいましたが.....

 さて、後半の稽古。
 参段の男性と管理人がフォローに入ります。

 形は「平安五段」。
 最初の挙動も大切ですが、管理人は「終わり良ければ総て良し」の精神で、最後から四挙動がしっかりできていなければ良しとしません。
 なので皆、そこをチェックされます。
 言っても直らないのは、意識が向いていない証拠。
 頑張って修正してね。

 稽古が締まってから、昇段審査の移動基本の練習。
 受験者に頼まれて指導にあたります。

 皆、一様に「伸び」と「極め」がない。
 いろいろと指導しながら1時間が過ぎます。
 
 皆、頑張って合格をもらってくださいね!
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/983-b120d04d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad