日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

大会

 日曜日、県空連主催の「長野県中学生空手道選手権大会」が、松本市波多の体育館で開催されました。

 ここに道場から久しぶりに3名が参加。
 3名とも形試合だけでしたけどね。

 男の子と女の子2人。

 一頃は管理人も県空連の大会には付き添いでちょこちょこ顔を出していたのですが、今は道場から県空連の大会に出場する子がほとんどいなくて、すっかりご無沙汰です。
 昔馴染みの方達も、時の流れには逆らえず卒業してしまっていて、知り合いもいません。
 寂しくなっちゃったなぁ.....

 さて、試合は女子の形から。

 一人は2回戦を第一指定型「慈恩」で勝ち上がり、3回戦で第二指定型になり「観空小」で勝負することに。
 相手は同じ松濤館流の選手で、「燕飛」です。
 途中、形を間違えそうになって戸惑っていたこともあり、判定は3-2で相手の勝ちでした。
 普段やっていないからといって、間違えそうになるなんてねぇ.....
 そうじゃなきゃ順当に勝ち上がってたのに。

 もう一人は、2回戦からの試合で残念ながら初戦敗退です。

 さて男の子ですが、県空連の大会には初めて参加します。
 「出場する」という話を聞いて、管理人はちょっと驚いたのですが、やっぱり中学生というカテゴリーの試合に出ておくのは大切ですからね。
 その勇気に感心です。

 1回戦からの試合は第一指定型「慈恩」です。
 相手は同じ松濤館流の選手。
 試合前に管理人がアドバイスしたことが、しっかりできていました!!
 それが功を奏した訳ではないでしょうが、普段もあまり見られない良い形を打って勝ち上がります。
 
 2回戦も第一指定型で、最初の試合より出来は良くなかったと思うのですが、危なげなく勝ち上がりました!!

 3回戦。
 ここからは本人にとっては未知の世界。
 第二指定型になりますから、「観空小」か「燕飛」のどちらかを演武しなければなりません。
 「観空小」は一度もやったことがないはずですから、自然と「燕飛」を選択することになります。
 相手の選手は「観空小」だったかな?? 忘れてしまいました。

 さすがにこの辺りになるとしっかりやっている者との差が出てきますね。
 そうはいっても、それほど悪い形を打ったわけではないので、相手によっては勝てたかもしれないです。

 で、ベスト16まで残りました。
 初めて参加した大会でベスト16まで残れるなんて、普段の稽古が生きていますね。
 頑張ってるもんね、努力は裏切らない。
 自分ではわからなくても、着実に力が付いてきているんだよ。

 また頑張りましょう!
 まだ来年にチャンスが残ってるから。

 結局、午前中で試合が終わったのでさっさと帰り道。
 途中、お昼を食べたり、寄り道したりして、なんだか和やかな大会の日曜日でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/968-5d5c3d6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad