日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

なかなか面倒ですね

 管理人は遅れて参加。

 道場に入ったときは組手の練習中。

 「一本組手」の練習では、モデルの一組を出してその試合の勝敗を判断させていました・
 要は、目の付け所というか判断基準を理解させるため。

 とは言っても、重視するところは見る人の好みによっても変わってきますから一概に言えませんね。
 「突きの狙いは正確か?」「受けの部位は正確か?」「立ち方は崩れていないか?」

などなど、いろいろとありますから面倒ですね。
 ただ、これを理解して臨むのとそうでないのとでは、おのずと優劣はついてきてしまいますね。
 「勢い」だけでは駄目なのはこういう理由があってのこと。

 これは、形にも言えることですね。

 すごく力強くて極まっているように見えても、技が正確に使えていない、理解して使われていないと言うようなことでは、相手によっては負けてしまいます。
 そうならないように「意味を理解」して行わなければいけないのですが.....

 それを見本として見せる有段者にも責任の一端はあります。
 こちらが理解して正確に行わないと、それが「正しい形」として身に付いてしまうことになります。

 それを考えると、常に勉強と練習が大切ということに行きつきます。

 「形が上手にできるとか、組手が強いからとかだけをとって昇級できる理由にはならない。普段からの稽古量、稽古への取り組み方、そういったものが総合的に判断されて「昇級して良いレベルにある」となる。」

 やっぱりしっかり稽古に出てきて、3か月間を過ごさないとダメだよね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/966-2dcb2f0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad