日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

台風一過

 昨日の夜は台風の影響で長野市内もかなり強い雨になりました。
 でも、一夜明けてみれば台風一過。
 夏日になっちゃいましたね。

 さて、昨夜の稽古。

 始めからの参加も久しぶりです。

 基本の挙動は、蹴り技を重点に。
 その内、回し蹴りの練習が多かったですね。
 中足を返しての拇指を主体として蹴るのが協会流。

 これって、引き足をしっかりとらないとバランスが崩れてしまい大変です。
 移動しながらは蹴れない蹴り技ですね。

 対して、背足で蹴るのは引き足はそれほど重要ではないので、どちらかというとインパクトよりも振り抜く方が良い蹴りです。
 
 どちらにしても、腰を十分回転して蹴らないとしっかりとした「回し蹴り」にはなりません。
 あ~、面倒な技です。

 組手は、やはり蹴りを織り交ぜての練習。
 普段から使っていないと蹴りを織り交ぜての攻撃は、連続動作になりません。
 「裏蹴り」とかできる人はスゴイと思います。
 技の実効性はともかく、これをできる身体能力は評価に値すると思います。

 こういうのを推し進めると「後ろ回し蹴り」に行きつくと思うのですが、これも通常の上段回し蹴りと同じ軌道を逆から行うのですから凄いです。
 上手な人の蹴りを見ると、正逆の軌道が全く同じです。
 体の柔軟性、そして筋力のバランスが取れてからこそ、できるのですね。

 やっぱり普段からやらないとできない技です。
 ということは、できる、できないは関係なく繰り出してみることが上達への近道。

 やらなきゃだめだよね、やっぱり。

 途中から参加した一般男性も交えての組手の稽古は、管理人にはハード過ぎます。
 これもやらなきゃ動けなくなるだけ。
 頑張らないと。

 形の稽古では、最後に「拔塞大」です。
 今、道場では管理人だけが練習している形ですが、昨夜はいろいろな挙動でダメ出しでした。
 もっと練習します。はい。

 今日になっても疲れが抜けないのは辛い....
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/964-6077d54d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad