日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

シーズンが始まりました

 新年度を迎えて、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 さて、年度が切り替わるこの時期、色々と忙しい時期でもありまして、管理人もなかなか稽古に参加できない状態です。

 2週間位、更新が滞っていますかね.....
 そんな中、今日の日曜日に長野市空手道大会が長野市裾花体育館で開催されました。
 昨日までのポカポカ陽気で市内のソメイヨシノもかなり開花していて、お花見にはピッタリになっているのですが、昨夜からの雨が残って肌寒い1日になりました。

 体育館の中は上着を着ていても寒い状態です。
 出入りの度に扉が開くと、冷たい風が吹き込んできます。

 そんな中ですが、大会が開催されました。
 管理人は審判員のお手伝いとして参加しました。
 
 道場からはほとんどの選手が参加しましたが、当日会場入りしてから体調不良のために棄権をする子も.....
 体調を万全にして次の大会に備えようね。

 さて、今大会は参加する選手がかなり少なくなっているような印象がありましたね。
 今の日本の社会の縮図を見ているような「少子高齢社会」そのままです。
 まあ、救いは小学校高学年の部に参加する選手が一番多かったこと。
 これが中学生が一番多いということになると、高齢化が一気に進んでしまいますからね。

 他の審判の方とお話をする中で、「空手人口が減っている」という指摘がありました。
 今の小学生っていったい何に興味を持っているのだろう.....
 「習い事」ってしているんだろうか?
 
 確かに「格闘技ブーム」はかなり前に去っているのですが、「空手」ってそんなに影響を受けるようなものではないんじゃないかと思っていました。
 こと、伝統派と呼ばれる流派は。

 まあ、どちらにしても年少者が極端に少なくなっているのは事実ですね。
 もう少し考えないといけないんでしょうか.....

 さて、大会ですが、試合はサクサクと進んでいきます。
 道場からの出場者も頑張っている姿が見えました。

 普段の道場の姿からは想像できないような試合をする子もいて、見ていて発見がありましたよ。

 結果は結果として受け止めて、1か月後の県大会に照準を合わせて頑張ろう!
 「今」が大切という訳じゃない。
 大きなイベントにベストな自分を持っていくことが大切なんだよね。

 「今の自分の立ち位置」がこれで分かったのなら、これから頑張ろう!!

 コート係り担当していただいた保護者の皆さん、1日お疲れ様でした。
 皆さんのおかげでスムーズな試合進行が出来ました。
 慣れない作業も、1日終わるころにはスムーズにいったんじゃありませんか?
 できれば誰が担当しても同様にスムーズにいくようにしていただきたいですね。
 これからもよろしくお願いします。

 審判の先生方、お疲れ様でした。
 いろいろ勉強させていただきました。 
 また、頑張ります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/956-9cd065bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad