日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

土曜日

 土曜日は昇段審査当日です。

 審査自体は午後からなのですが、午前中には組手の強化練習があるようになっていたので、早朝から先生に昨夜の結果も含めて連絡を取ったところ、「審査用紙が印字できないので印刷してもって来て欲しい」とのこと。

 管理人は強化練習に参加する予定だったので、慌てて印刷をかけて用紙を持って先生宅へ。
 結局管理人が用紙を持って会場に行って、各受験予定者に連絡をして配布することになりました。

 今回の審査、初段受験者は無しで弐段受験者が3名です。
 それと、管理人です。
 しばらくの間、しっかり練習できていなかったり、先生の手伝いをしていたりでしていたこともあって迷っていたのですが、先生に「受けるつもりがあるならいいですよ」といわれたことから、当日に受験を決心しました。

 午前中の強化練習は、平均年齢が高いことを勘案して約束組手の練習の仕方を中心に反復した応用練習をしました。
 最後には、しかける方も全力で突き、受け側も全力で受ける「五本組手」を行って終了となりました。

 この午前中の部で、すでに管理人は足裏の皮は剝けるわ、腕は打撲で真っ赤に腫れるわ、でバテバテでした。

 さて、午後からは審査です。
 初段の審査から始まりましたが、かなりの人数が受験していたために2時間くらい待つことになりました。
 待っている途中も、足の筋が攣ってしまって大変だったのですが、時間があったのが幸いだったのかも知れません。

 初段審査は一般の方がかなり受験していました。
 全部で15人位いたんじゃないでしょうか。
 30代から50代?までの男性、女性が何人もいらっしゃってビックリでした。

 みなさん、子供がやっているのを見て自分もやってみたくなっちゃったんでしょうねぇ.....
 だって、中年という年代になってから、こういった世界に足を踏み入れるというのは余程のことがない限りないと思いますから。
 管理人も同じだったかな....
 
 で、初段審査が終わってから弐段審査です。
 一般の方が多かったですね。
 やはり30代から40代位の方が多いです。

 小学生、中学生も男女3名づつ位が審査を受けました。
 道場からは中学生の男の子と女の子2人の計3名が受験しました。

 男の子は、前日管理人が指摘した形の悪い部分がそのまま出て審査員に指摘されていましたが、組手では軽快な動きでとても良い印象を受けました。
 女の子の一人目は、組手で相手の上段にかなり強い一撃を入れてしまい、相手が出血して続行不可能になってしまっていましたね。
 二人目は、普段道場で見ている印象とは違って、かなり積極的な動きを見せて好印象を与えました。

 一般の方の様子ですが、長野支部から受験した男性2人はそれぞれ積極的な動きで頑張っていました。
 管理人より少しお若い位の方達ですが、良く動けていて大したもんです。

 弐段受験の結果、男の子は見事合格しました!
 女の子の一人は、形のみ保留。 もう一人は残ながら不合格です。 組手の印象が悪かったのかもしれませんね。

 さて、ここでようやく参段審査です。
 まず初めに前回の審査で形のみ保留が付いた方4名が演武しました。
 かなり高齢方もいらっしゃってなかなか大変かと思うのですが、4名とも次回の審査にもう一度形を演武するという異例の審査結果となりました。

 そしていよいよ出番です。
 通常の審査を受ける受験者は管理人ともう1人です。
 まず形、基本、そして組手です。

 組手も審査を受験するのが2名だけだったからでしょうか、少し長めの組手を行って1試合で終了でした。
 午前中からの疲れで、これ以上はもたない管理人には幸いでした。
 結局、結果は形のみ保留ということになりました。
 次回、頑張ります。

 終了した後に、顔見知りの先生に「どこを直したらいいでしょう?」とお聴きすると、「私は良いと思ったんですけど、強いて言えば....」ということで、関節が硬くてスムーズな動きが出来ていないということらしいです。
 
 まだまだ未熟ですね。
 練習に参加された方、審査をされた先生方、1日お疲れ様でした。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/955-e5d619ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad