日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

週末の稽古

 さて、金曜日の稽古。
 この日も都合で遅れての参加。
 年度末が近付いてくるとなかなか都合がつかなくなってしまいます。

 で、道場へ。

 移動基本をやっているところ。
 高校受験が終わって気持ちが軽くなった中学3年生の男の子の姿が見えます。
 
 準備体操をやっているところへ、同じく中学3年生の女の子もやってきました。
 「高校受験」という難関をクリアして気持ちが軽くなって道場へ来るのも楽しくなっているのかな。

 さて、そんな様子を見ながら体操をしていると、「??」

 管理人が見知らぬ姿が混じって見えます。
 しっかり胴衣を着て、ちゃんと色帯を締めているので最初は全くわかりませんでしたが、確かに見かけない姿があります。
 へぇ、別の道場の子が稽古に参加しているの?

 組手が始まりましたが、管理人もしっかり稽古に出ていないこともあって全然動けない。
 色帯の女の子にいい中段突きを決められてしまいました。 あらら....

 その後、4チームに分かれての組手の試合。
 
 小学生の女の子、まだまだ小さくて積極的な攻撃も、如何せん相手に届きません。
 ちょっと仕方がないところです。
 同学年くらいの子がいると練習しやすいのにね.....

 もう少ししっかり前に出れば有効打として採ることが出来る動きの女の子。
 どうしても手打ちだけになってしまって、なかなか有効打とみなすことができない男の子。
 タイミングを合わせて攻撃をするも、相手が十分な間合いで先に攻撃を仕掛けるためにポイントを取ることができない男の子。
 相手の動きを警戒しすぎて、待ちに入ってしまって先に仕掛けられてしまう女の子。
 
 組手は帯に関係なく、年齢、体格など色々な要因で勝敗が左右されてきます。
 管理人も然り、もっと先を見据えた動きをしなければ残っていけないと思いました。

 形の稽古では、平安四段の挙動を少しやってから得意形の練習。
 
 別の道場の子?が「拔塞大」を行っていました。
 仁武館では、拔塞大をする子はほとんどいないのですが、昇級の形に指定されていることもありますから、しっかりやらないといけないんですけどね....

 管理人と一緒に形を演武した子たちは、それぞれ「観空大」「燕飛」「慈恩」「拔塞大」を行ったので、これを見ていた子達は楽しかったんじゃないかな?
 ほかにも「岩鶴」を演武した子もいましたね。
 自分の「引き出し」を広げていくことは大切ですから、色々な形にも挑戦してもらいたいですね。

 稽古が締まってから、稽古に参加していた別の道場の子の保護者の方とお話しをさせていただきました。
 仕事の都合でなかなか送迎が出来なくって、稽古に参加する日数が伸びないんだそうです。
 仁武館は週2回の稽古ですが、できたらどちらか1回でも参加できれば良い練習になるんじゃないかなと思います。

 今度中学生になる子と、4年生に上がる子の兄弟だとのこと。
 その下にも女の子が一緒に来ていましたが、保護者の方も「やってみたい」と仰っていたので、下の女の子と一緒に参加されればいろいろ気が楽になるのではないですかね。
 
 前例じゃないですが、管理人がそうでしたから....

 中学生になるときに合わせて道場を卒業した男の子2人が、高校受験合格の報告を先生にするためにやってきました。
 久しぶりに見る子たちは、これからもそれぞれの道で頑張っていくことでしょう。
 自分で決めた道を、それぞれ途中であきらめることなく進んでいって欲しいと願います。

 みんな、本当におめでとう!
 少し早い春がやってきましたね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/951-9f52213a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad