日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

前期試験

 昨日、県内のほとんどの高校で「前期試験」が行われましたね。
 道場からも受験生が何人かいた筈ですが、みんな頑張ったかな.....
 前期試験が終了して、気楽になった子は稽古に出てくるんじゃないかなあ.....

 みんな久しぶりです。


 さて、昨夜の稽古は組手を中心に行いました。
 移動のコンビネーションとか、色々なパターンを先生が指示するのを聞いて動いていくのですが、これも頭で考えて動作を理解した上でやらないとできません。
 それじゃ駄目だというのも解るのですが、そうは言っても普段から考えていないと直ぐに身体は反応しません。
 みんな動くまでに時間がかかってしまうのはその為です。

 相手を作っての練習では、体重の軽い子を背負っての練習。
 これって背中にいる子もしっかり固定されているわけではないので、重い上にとってもやりにくい。
 でも、中学生の男などは結構スムーズに動いていました。

 背中の重りを降ろした後は、管理人は「身体が重くて動かない」ですが、中学生などは「かる~い」という感じでした。

 4チームに分かれての組手の試合も、意外な子が頑張っていたりしてちょっと驚きでした。
 
 相手の出合いを待っていて上段の突きを決める子もいて、内心「すげ~!」とびっくり。

 全試合が終わって、試合に負けてしまった子が判定に納得がいかなかったようでした。
 相手は中段への逆突き。
 当人は出合いを待っての上段への逆突き。
 当人曰く「中段は届いていなかった」と言いたかったようですが、先に動いて仕掛けたのは相手でほぼ同時に入っていましたから、相手の中段突きをとって判定したんですね。

 たとえ直接接触できなかったととしても、十分な間合いと気合い、極めがあれば有効打とみなします。
 それが「寸止め」をする本来の姿だと思います。

 試合が終わった後で「なにか文句があるか」と聞いてしまった管理人も大人げなかったかも知れませんが、勝ちに拘るあまり、直接打撃を優先した組手をするようになってしまっては、本来の姿ではありません。
 それが出来る流派はいくらでもあります。
 それをせずに「出来るようになる」のが「寸止め」なんでしょうけど、これって難しいんですよね、本当に。

 建前みたいになってしまいましたが、それをめざして頑張りたいですね。

 稽古が締まってから、中学生の女の子が形の練習。
 「慈恩」の一部分をやっていました。
 それにちょっとアドバイス。
 「出来る子」にちょっとアドバイスをするだけで、ビックリするほど変わります!
 「出来る力」を上手く引き出してやらなければ、それは「宝の持ち腐れ」。

 短時間、集中してやればそんな練習も楽しそうでした。
 頑張れ、まだまだできる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/949-03050e24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad