日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

週末は

 金曜日の稽古。

 週末の日曜日に松本市で開催される空手協会北信越大会の前に最後の稽古です。

 基本の稽古から「形」を意識した挙動を中心に練習します。
 それは移動基本でも同じ。
 形の中の連続した挙動をそれぞれ選択して行いました。
 そして「形」を行うにあたっては、自分の選択した形をすべての挙動に気合いを入れて「極め」を作りながら行いました。

 管理人は久しぶりに、やめておけばいいのに「慈恩」を選んでしまい、最後まで一人でやっていました。

 組手を少し練習してから、中学生を頭に4チームを作って勝ち抜き戦です。
 帯下から対戦をして、勝った選手は勝ち残ります。
 口を切って血を流しながらも4人抜きをした男の子もいました! 頑張ったね~!

 稽古が締まってからは、選手のみの練習。

 基本形をチェックした後は、自分の行う選定形を練習です。
 順番は関係なく2チームに分かれて、形試合で対戦して勝ち抜けます。

 負けた選手は管理人がアドバイスして、それを練習。
 勝った選手は次の対戦。
 最終的に5人が残って、全員の前で演武しました。

 練習が終わってから更に練習する子もいますが、友達同士で話をしている子もいます。
 何が良い悪いではないですが、試合に向けての「意識の差」が見て取れますね。
 それが結果に繋がらなくとも、試合に対する意識、もっと言えば「空手に対する姿勢」に現れるはずです。

 自分を冷静に見れて、それを修正しようとする者が最終的には強いんじゃないでしょうか....?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/930-fb847792
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad