日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

筋肉痛です

 最近、稽古の後は必ず筋肉痛になってます。
 以前はこんなことなかったのに.....
 いや、そうは言っても集中的に稽古した時は筋肉痛が出てましたけど、最近は必ずどこか痛いですね。
 寄る年波に勝てないという証なのか、それともまだまだ筋肉再生が図られている証なのか、どっちにしてもキツイです。

 さて、週末の稽古。

 参加者は少なめ。
 全部で20人ちょっとでしたかね。
 管理人も少し遅れて参加です。

 移動基本から形の稽古へ。
 平安初段。

 最初の挙動では、割とスムーズに動けて次の挙動へ。
 ここでもたついた人は、下段払いの締めと追い突きの極めが足りなかったのかな。

 次は上げ受けの挙動。
 3回連続する上げ受けの挙動を、しっかり極められなくて何度もダメ出しです。
 特に2回目が難しいですね。  止まれない。

 そこを何とか抜けると、3回追い突きした後の手刀受け。
 ここでも転回しての手刀受けが極められずに、ダメ出ししきり......

 平安初段が合格できたのは、参段の男性と初段の中学生の女の子。
 挙動ごとにはなかなか止まれません......

 組手では学年が下の者から自由組手です。
 だんだんと抜けては上の者が入り、最終的には中学生と一般が残りました。
 
 中学生の男の子にいい上段突きを入れられてしまいました。
 この日は、最初から左での構えを練習していたので、相手になった者はかなりやり難かったかと思いますが、上手な者はあまり関係ないのかもしれませんね。

 最後に参段の男性とやった時には、左に構えていたせいか、会心の上段裏蹴りが見事に決まり、組手の稽古の後に話した時には「悪くない」という事でした。
 それを見ていた先生も笑ってたし

 組手の後に「自分で形を選んで最初の2,3挙動だけを完璧に行いなさい」です。

 なかなか極まりませんが、第一印象が決まるところですから大切ですよね。


 稽古が締まってから、紫帯の男の子が「昇級の移動基本を見てほしい」とやってきました。
 ひととおり見てみましたが、先ずは「正確さに欠ける」です。

 三本突きは、どこを突くのか?
 外受け・横エンピの立ち方は?
 回し蹴りの蹴り足はどう収めるのか?
 蹴上・蹴込みはどこで蹴るのか?

 いろいろ修正点が見つかりました。
 でも、それを直せばいいんだから大丈夫。
 自分でやってみて、人に見てもらってしっかり直してね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/918-08e5053e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad