日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

暑いですよね

 昨夜の稽古も暑かったですね。

 参加者も心なしか少なかったような.....
 中学生ともなると、部活などで忙しくなってしまい、なかなか稽古に最初から参加するというのは難しくなっているようです。
 それでも稽古が進むにつれ、ポツリポツリと中学生が顔を出します。

 そういうところは偉いなと思います。
 確かに、全国大会の選手に選ばれている者は、大会が控えているので稽古を休むと自分に跳ね返ってくるのがわかっていますから遅れても参加します。
 そうでない者も、遅れながらも参加するというのは、この時期「サボりたい」という誘惑があると思うのですが、それでも顔を出して暑い中、稽古するのですから大したものです。
 頑張ってくださいね。

 前半の稽古は、「慈恩」の挙動の一部を練習です。

 「後屈・下段払い・上段内受け」 「騎馬立ち・鉤突き」 「後屈・下段払い・上段内受け」 「閉塞立ち・上段両手内受け」

 これを繰り返します。

 管理人もダメ出しに苦しみながらも、何とか最後まで。

 先生は「挙動をしっかり極めてから、次の挙動に最速で動け」と言います。
 確かにその通り。
 でも、これがねぇ.... 気ばかり焦ってしまい、できないんですよ。

 最後まで上がったので、まだできない者の指導に移りました。
 「鉤突き」のところ。

 「後屈・下段払い・上段内受け」の態勢から、「鉤突き」に移るときに「上段内受け」からの手をそのままもって行く者が多いんですね。
 別に何が正解という訳ではないのですが、一旦体側に付けてから「下段払い」の手を引き付ける力を利用して、寄り足をして「鉤突き」をすると力強い挙動が行えると思うんです。
 
 そんなところを慣れてもらって、しっかり行えば大丈夫だと思います。
 中学生の女の子も、そう言えばちゃんとできますからね。

 形は「選定形」です。

 自分の選んだ選定4形のうちの一つを、ポイントを練習してから演武します。

 管理人は「抜塞大」です。
 いつも指摘されるのですが、「逆腰」をしっかり入れること。
 意識しているのですが、「つもり」で終わっているようです。

 あと、引きつけての蹴込を下段にしっかり行うこと。
 これを指摘されました。
 まだまだですね。

 茶帯のあたりの子が、「慈恩」を行ったのですが、技がしっかり極まっていなくて、そのあとに演武した「紫帯」の子達と並び替えられました。
 
 「帯の色が間違っているんじゃないか??」
 先生が言うのですが、まあ、誰が見ても的外れではないよね。
 帯下のグループのほうが上手だったもの。

 そのあとに組手を少しやって前半はおしまい。

 後半の稽古は、先生が個人形の選手の基本形をみて、管理人が団体選手の「慈恩」をみます。
 前半でやった挙動ができなくなっていて、「何のためにあれほど練習したんだ!」と気合です。
 言われたこと、やったことは自分で考えて直していこうよ。
 その度に言われていては、前に進めないよ。

 稽古の後に聞きましたが、小学校の男の子が道場を退会したそうです。
 どういう理由かもわかりませんが、頑張っていたと思うので残念ですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/902-44909cf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad