日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

一般全国大会へ

 先週末、東京体育館で空手協会の高校・一般の全国大会が開催されました。

 道場からは参段の男性が形・組手の個人戦、組手の団体戦に参加してきました。
 あと、道場卒業生の弐段の女子大生も参加してました。
 管理人は応援を兼ねて大会会場へ。

 高校・一般の大会は観客数もそれほど多いわけではないので、東京体育館も空いていました。
 だからゆっくり観戦することができましたね。
 ただ、コートが12コートも設置されていて選手を見つけるのが大変といえばそうでしたけど。

 女子大生は個人形で頑張りました!
 ベスト8に入り、2日目のセンターコートで演武をすることになりましたよ!
 形は「壮鎮」でした。
 残念ながら順位は最下位に終わりましたが、センターコートに残ることができたのはスゴイことだと思いました。
 大学生になって「おばちゃん」化してましたけど!


 参段の男性は、個人形では東海地区優勝者との一回戦は「鉄騎初段」で負かして、二回戦へ。
 二回戦では昨年の北信越大会で敗れている北信越地区優勝者と「平安四段」で勝負。
 勝ち上がります!

 三回戦からは選定形の勝負。
 ここでは「慈恩」が指定されましたが、ここも突破!
 ブロック代表の4名に残りました。
 
 次は2ブロックごとの8名による準決勝、ベスト16の対戦です。
 ここでは自分の得意形を演武できます。
 得意形の「燕飛」を演武しましたが、8名中7位の成績で残念ながらセンターコートの8名に残ることができませんでした。

 同じ長野県の先生に「ここまで残れば十分です」と言われましたが、そりゃセンターコートでやれるならやりたかったよね~!

 組手は、一回戦で中国地区優勝者との対戦だったのですが、先にポイントを取り、次に相手がポイントを取って1-1となって時間切れ。
 相手に警告1、こちらには場外反則2がついている状態だったのですが、主審の「判定」の合図で副審4名のうち、3名が相手に旗を揚げ、1名が引き分けを表示しました。

 これってあり??

 お互いにポイントを1-1としているのに、引き分け・再試合にせずに判定で勝敗を決定するなんて?
 その後の、どの試合を見ても「判定」で勝敗を決定した試合はありませんでした。
 どう考えても常識的にありえない話です。
 監督としてコートに入っていれば「異議申し立て」をしていたところです。
 残念ながら、その場にいなかったことが悔やまれます.....

 団体組手では男性が先鋒で戦いましたが、ここでも先にポイントを取っておきながら取り返され、負けてしまいました。
 チームも4-1で敗退です。

 2日間の大会で、いろいろと面白い試合も不思議な試合も見ることができました。
 これって「全国大会」ならではですよね。

 長野県代表で参加した皆さん、お疲れ様でした。 
 団体戦、形の試合に出場した「哲士会」のみなさん、準優勝おめでとうございました。
 また、高校女子個人形の試合に出場した「石原 優選手」、準優勝おめでとうございました。

 次は小・中全国ですね!
 皆さん頑張ってください!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/898-0176c172
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad