日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

2週間ぶりです

 かんりにん、都合が重なってお休みしてていましたが、2週間ぶりに稽古に出ることができました。
 また、日中の気温が30度近くなった日の稽古です。

 これは、はなからグダグタになってしまう予感が....
 
 さて、稽古はいつもより移動基本に重点が置かれました。
 というより、「逆突き」でしたかね。

 上げ受けからの逆突き、外受けからの逆突き、下段払いからの逆突き。
 この3つの逆突きがしっかりできているかを見られます。

 管理人は「腰が高い!」と何度も指摘されました。
 これはやっぱり2週間稽古を空けたせいだと思いました。

 自分では「いつも通り」にやっているつもりだったのですが、 いや、いつもがしっかりできているとは言いませんけどね。
 そうはいっても、「いつも通り」だと思っているのですが、指摘されると「え~、そこまで??」と感じてしまうのです。
 「そうだったっけ?」と思いながらも、一応上がりました。
 
 その後、水色帯の男の子を指導したのですが、何が足りないかというと「引手の速度」かな。
 もっとしっかり引手を引いて極めないと、力も入らないし突きが締まらないよね。

 組手では、受けてからの逆突きを、基本の稽古で時間をかけてやった「逆突き」と同じようにやるために、しっかり受けた後にタメを作って突くことを意識して行いました。

 ただ、これを理解してやった子がどのくらいいたでしょうか....
 
 形では、平安形・鉄騎をチェックした後に、黒帯と色帯に分かれて形を行いました。
 まず黒帯がお手本を見せて、色帯が行うという流れでした。

 各色帯の行う形についてお手本を行うのですが、先生が促しても自分からというのは、平安四段をやった管理人を含む3人だけでしたね。
 できれば自分の得意とする形を、積極的にやった方が格好いいと思うのですけどね。
 どうだろう??

 最後に黒帯全員で選定形を行いました。
 これは、それぞれ自分の得意とする形を行ったので、四つの形くらいはあったかな。

 そして、黒帯が「指導したい」と思う色帯を選んで、暫く形の指導を行いました。

 管理人は紫帯の2人の担当です。
 このころになると、保護者の方たちもお迎えの為に道場に入っていて、それぞれ自分の子が指導を受けているのを確認できたのではないでしょうか。

 管理人の担当する紫帯は四級を目指す2人なので、形は「平安五段」です。

 指摘するところはたくさんあるのですが、一番大事なところは最後の「開掌しての前屈下段打ち込み」から「後屈下段払い・上段内受け」です。

 ここを前屈できない子のなんと多いことか!

 ほとんどの時間をこの挙動の指導で終わりました。
 傍で見ていた保護者の方はさぞかし可笑しかったと思うのですが、「終わり良ければ総て良し」という例えもあります。
 形では、最後の挙動がしっかり極まっていなければ、全体が「できていない」と思われがちです。
 まして、平安五段は最後の挙動の極めが難しく、どうしても弱くなりがちです。

 ということで、そんな指導をしたのですが分かってくれたでしょうかね。

 結局、その2人には管理人としては「合格」を出すことはできませんでした。
 だって、紫帯のレベルでしょうか?
 まだ形を正確にできていないのですから仕方ないですね。

 稽古が締まってから、昇級審査の移動基本が行われました。
 
 「受けたいと思う者は用紙を取りに来なさい」

 先生に言われて用紙を貰いに行った者、行かなかった者。
 それぞれですが、自分のレベルを自分で感じなければいけないと思います。

 「君たちは自動販売機で缶ジュースを買おうとしている。でも、お金が足りなくてジュースは出てこない。これと同じことです。まだ、合格するまでの努力をしていないということです。合格できるだけの練習をして、そのレベルに達していなければ、審査に合格できない。大会でメダルを取ろうとしても、それだけの練習をしていなければ手に入らない。まだそれだけ怠けているということです。」

 帯の色と、個人の技量がシンクロしていると言って良い子は少ないと思います。
 中には、帯のレベル以上の技量を持っている子もいます。

 管理人も「それで弐段?」と言われないように、レベルを上げるように頑張らなくてはいけませんね。
 
 みんな、「努力の精神を養うこと」です。
 頑張ろう!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/890-bc3ba86d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad