日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

県大会終了

 昨日の日曜日に松本市総合体育館で日本空手協会の長野県大会が開催されました。

 道場では、朝7時に現地に集合ということで管理人も急いで現地入り。
 結局遅れてしまいましたが....
 到着すると、そこにはたくさんの人、人、人....

 開場前の広場はまだ朝の冷気が残っていて、Tシャツ姿の管理人は友達に「若い!」を連発されました。
 実は、会場内では胴衣を着れば暑いと思って軽装だったのですが、流石に寒かったです。


 松本市総合体育館は大きな会場で、観客席も余裕たっぷり。
 いつも通りに観客席に荷物を置いて一息つくと、コートで身体を温めている選手たちのところへ。
 大して見る時間もなく開会式へ。


 全部で6コートが設置された会場では、それぞれのコートで行われる試合を把握するのが大変。
 一般男性と女性、それに管理人が各コートで選手の試合をフォローします。
 と言っても、これもいつも通りに開始前のアドバイスをするくらいですけどね。

 団体形・個人形・団体組手・個人組手の順で試合が進みます。
 道場からは、小学校低学年女子のチームが出場しないだけで、残り5チームが出場します。
 
 みんな頑張ってくれてましたね。

 団体形では、低学年男子が第3位を、高学年男子も同じく第3位、高学年女子はうれしい優勝!、中学生男子は準優勝、中学生女子は優勝!
 と、それぞれ頑張ってくれて全国大会行きの切符を手にしました。

 出場した5チーム全てがお立ち台という成績を残してくれて嬉しい限りです。



 個人形では、小学3年男子が全国行きこそなりませんでしたが、ベスト8に残る頑張りを見せてくれました。

 小学4年男子では、3人がベスト8に入り、うち1人は準優勝で全国行きを勝ち取りました。

 小学4年女子は、敢闘賞で全国行きに滑り込みです。

 小学5年男子は、第3位・敢闘賞で2名が全国大会へ。

 小学5年女子は、いないんだなぁ.... 出場なしです。

 小学6年男子も出場なしです。

 小学6年女子は、ベスト8に同点が3人いて敢闘賞を決定する再試合が行われました。
 ここでは、残念ながら全国行きに残ることはできませんでしたが、もう一人は優勝で全国へ!!

 中学1年男子は、ベスト8に入りましたが全国行きにはなりませんでした。
 
 この時、管理人はこの選手のフォローをしてコートにいました。
 選手が「個人戦で初めてベスト8に残れた。全国に行きたいなぁ....」とつぶやきます。

 試合の結果が出て、全国行きには残ることができないことが分かった時、「行きたかったなぁ...」と管理人に。
 
 思わず胸が熱くなってしまいます。
 次の大会では必ずお立ち台を目指して欲しい。 頑張れ!

 
 中学1年女子は、優勝・準優勝・第3位を獲得して3名が全国へ。 ここは道場の独壇場ですね!!
 準優勝した選手は「今度は金メダル!」と意気込んでました。

 中学2年男子は、敢闘賞で全国へ!

 中学2年女子は、ベスト8に2名が残り内1名が第3位で全国へ。

 中学3年男子は、優勝!

 中学3年女子は、これも優勝!


 個人形ではかなりの選手が全国大会代表となることができました。
 これも、選手それぞれがキツイ練習を乗り越えて、且つ、体調管理をしっかりしてベストコンディションで大会に臨んだ結果です。

 全国大会までに、もっともっとレベルアップして戦ってほしいですね。

 さて、午後からは団体組手が始まりました。

 低学年男子は、準決勝で残念ながら敗退して3位決定戦に回ります。
 ここでは、頑張り及ばず2-1で全国大会を逃してしまいました。

 もっともっと頑張れたはず。
 もっとしっかり練習していれば動けたはず。

 また次の大会に向けて自分を見直してくださいね。 頑張りましたね、ご苦労様。

 高学年男子は2回戦で敗退です。残念でした。

 高学年女子は、メンバーひとりひとりが「負けない組手」をして、結果的に優勝を勝ち取りました。
 これからは「勝つ組手」を目指して練習してくださいね。
 よく頑張りましたね!

 中学生男子は準決勝で敗退するも、3位決定戦を3-0で制して全国行きを決めました。

 中学生女子もやはり準決勝で敗退してしまいましたが、3位決定戦を3-0で全国へ!!


 団体組手が終了し個人戦になってくると、選手がどこで試合をしているかの把握が難しくなってきます。
 会場内を見回して「坊主、坊主....」とか探します。

 試合に間に合わずに声をかけてあげられなかった選手には申し訳ないのですが、かなり難しいのです。


 さて、個人組手ではベスト8に残った選手が8名いました。

 小学4年女子の選手は、昨年の全国大会で大活躍したのですが、今大会ではまさかのベスト8敗退で全国行きはなりませんでした。

 小学6年女子は、準決勝で厳しい試合を勝ち取り、決勝戦も制して優勝です!
 個人形も優勝していて2冠達成です。
 凄い!!

 中学1年女子では、3名がベスト8に入りました。
 このうち1名が準決勝まで上がり、ここで敗退。  3位決定戦を制して全国行きを決めました。
 次の大会までに、もっと技のバリエーションを増やして「幅のある組手」ができるように頑張ろうね。

 中学2年女子。
 このあたりになると、各コートも試合が終了してきて会場の注目も集中してきます。

 準決勝の接戦を2-1で落として、3位決定戦です。

 いつもの組手は、「間合いを取って相手の出てくるのを待つ」スタイルの消極的な組手なのですが、準決勝からは俄然「取ってやろう」という気迫が感じられました。

 それが、準決勝敗退でさらに強くなったのでしょう。
 これまで苦手としていた相手に対し、体格も負けないまでに成長した選手は、積極的に攻め続けて2-0で全国行きを決めました。
 失礼ながら嬉しい誤算です。
 もっと頑張れるね。 これからの頑張りに期待します。


 中学3年女子。
 準決勝の難敵を見事に下して決勝へ。

 もう、どこのコートも試合が終わっています。
 中学2年女子の試合の盛り上がりをそのままに決勝戦が始まります。

 双方の選手の意地のぶつかり合いが、そのまま試合に出ます。
 お互いに反則を2つずつ貰い、負傷した状態で試合が続きます。

 もう、道場対道場の決勝戦です。
 応援の声が飛び交います。

 その声に応える気持ちがあるか、どちらがそれに応えようとしたのか....

 最後は上段への突きが極まり、最高に盛り上がった決勝戦は、中学3年生の「男女アベック優勝」という最高の結果で幕を下ろしたのです。
 ちなみにこの2人、個人形・組手の2冠です!!

 次の舞台での活躍に期待しています。


 さて、終わってみれば、先生が心配した個人戦の試合もみんなの頑張りによって好成績を収めることができました。
 でも、これからの時間、まだまだやらなければいけない事がたくさん残っている。
 「やらなければいけない事が出来た」と言った方がいいのかもしれない。

 長野県の代表として、君達に敗れた選手の代わりに全国大会を戦うことになったのです。
 

 「僕なら、私なら、もっともっと頑張って練習したのに」と言われないようにしなければいけないんじゃないか?

 重い責任を負ったとは言わない。
 
 「自分のために」でいい。
 
 最終的に、君たちが全国大会で表彰台に上ることができれば、それは敗れた者の「目標」に変わるから。

 今年の夏のために頑張ってください。
 でも、ゴールデンウィークの残りはゆっくり楽しんでくださいね。

 みんな、お疲れ様。
 そして、おめでとう!!
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/886-f3e057b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad