日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

大会でした。

 今日の日曜日。

 ゴールデンウィークの前半が昨日から始まっているわけですが、県大会を来週のゴールデンウィーク後半に控えている子供たちにとっては「ゴールデンウィーク」になる訳もなく....

 毎年のことで仕方ないのですけれどね。
 今、頑張った結果は「全国大会への切符」となって自分に返ってくることを考えて頑張るしかないですよね。

 さて、道場ではそれぞれの時間で自主練が行われています。
 団体戦の練習であったり、個人での練習であったり....

 それぞれ頑張ってもらってます
 管理人もお手伝いに行かなきゃいけないのかもしれません。


 ですが、今日の日曜日は松本市総合体育館のサブアリーナで、空手協会の長野県大会(高校・一般)が開催されました。
 管理人は、こちらのサポートに行かせていただきました。


 道場からの参加は、高校生女子の個人形・組手、一般男子の個人形・組手に2名の選手が参加です。

 昨年に比べると、今年は参加者がかなり増えているような気がしました。
 実際のところ、どうだったかはわかりませんけどね。

 サブアリーナ自体、それほど広くないのですが、4コートを作って行われました。

 初めに団体戦が行われて、これはゆっくり観戦させてもらいました。
 小・中学生大会は、団体戦に男女混合チームで出場できないのですが、一般部ではそれが可能なようでお隣の支部の方が混合チームで参加していらっしゃいました。

 今にして思えば、管理人を含めて道場からも混合チームを作ることは可能だったなと....
 まあ、なかなか先の予定が立たないので、今、言っても詮無いことですけどね。


 高校女子個人形ですが、道場からの参加とはいえ、道場では練習せずに高校の部活でやっているだけで、基本形がしっかりやってあったかどうか怪しいところですが、会場で管理人が平安初段から基本形のチェックを行いました。
 ベースは出来ているのですが、厳しく指導されていないので立ち方など甘いところが見て取れます。

 そこをチェックして、「極め」と「構え」をしっかり意識するように指示して、いざ試合。

 一回戦は「鉄騎初段」です。
 相手は県内有力校の選手です。

 でもね、これは空手協会の大会で基本形からの試合なんです。
 自分の得意としている選定形を選べる普段の大会とは違うんですよね。
 ということで、4-0で勝ち上がります。

 二回戦までの間に、甘いところのチェックと再度基本形のポイントをチェックして、二回戦へ。
 
 ここでも同じ「鉄騎初段」が指示されました。

 試合が終わって審判が招集されました。
 何か問題があったのか、しばらくして勝敗の判定。

 ここも4-0で勝ち上がりました

 次は順位決定戦です。
 選定形は「館空大」です。
 
 演武を見るに「遅い!」
 綺麗ではありますが、力強さ、スピード共に足りません。
 これでは勝ちは望めません。

 最終的な順位は7位だったと思います。 残念。
 ですが、ろくろく練習もせずに順位決定戦に残り、そして最下位に沈むことなく終わったことは誉めてあげたいと思います。
 でも、もっと真剣に取り組んでいれば、全国行きの切符も手に入ったものを!と管理人の方が残念な気がします。
 また、高体連の試合で頑張って欲しいですね。


 組手では、一回戦、二回戦とも、やはり有力校の選手との対戦でしたが、悪くない試合をしてベスト8に上がります。
 ベスト4をかけた試合の対戦相手は、県内で1,2を争う実力者でした。
 ここでは、ものの見事にやられてしまいました。

 試合を終わって「とんでもなく速かった!」と驚いていました。
 結果はあっけなかったのですが、試合内容は悪くないと思います。
 よく頑張りましたね


 一般男子個人形は、昨年の大会で第3位を獲得していることもあり、二回戦からの試合でした。
 ここでは危なげなく勝ち上がり、順位決定戦へ。

 一般の形試合は「壮鎮」と「雲手」が流行のようですね。
 ほかの形は、「二十四歩」の他はお目にかかれませんでした。

 一般男性の形は「雲手」です。

 良くないところはありましたが、悪いわけもなく演武を終わりました。

 そのあとに昨年の優勝者、準優勝者が演武です。
 それぞれ「雲手」と「壮鎮」を行いましたが、「おー!上手い!」というところもあれば、「う~ん」というところも....

 かなりの高得点か?

 とおもいきや、それほど伸びずに終わってみれば、道場の男性が優勝です
 やったね~!

 組手の試合。

 一回戦は調子よく勝ち上がり、二回戦が今大会のターニングポイントでした。
 かなり荒い組手をする選手だったので、試合前に「自分の距離をとってヒット&アウェイで」とアドバイス。

 固くなって動きがよくなく、苦しい試合でしたが2-1で勝ち上がりました。
 そして三回戦。
 
 相手は強者。
 どうなるか、かなりの緊張感が張り詰めます。

 攻撃に出て、相手がバランスを崩したところに「出足払い」が見事に決まり、転倒したところに突きが決まり「一本」!

 準決勝は長野市内の道場の先輩との試合。
 先輩に一日の長があり、三位決定戦へ。

 ここでも緊張感のある試合が展開されましたが、一瞬の攻防で突きが交錯した後に、相手の上段蹴りが見事に決まり「一本!」

 負けてはしまったものの、気持ちの良い終わり方じゃなかったかな

 この結果、個人形と団体組手のメンバーとして県代表を勝ち取りました。


 よく頑張りましたね。
 結果を報告すると、先生もとても喜んでくれました。
 何より大した怪我もなく、好成績を残せたことが嬉しかったのでしょう。

 2人とも、また頑張ってくださいね。


 旧知の仲の方ともたくさんお会いできて、良い一日でした。
 みなさん、またどこかの大会でお会いしましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/883-392b8a42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad