日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

金曜日

 管理人、昨夜は一週間ぶりの稽古です。

 先生が開始時刻を過ぎても見えないので、弐段の女の子に「やるか...」と声をかけて稽古開始。

 いつも通りの体操からストレッチにちょっとアレンジを加えて、その場の基本へ。
 その場の基本に入るところで先生登場。

 準備をされている間、2挙動を行ってバトンタッチ。

 この時期、大会に向けての基本動作の練習になります。
 大会に使う形の挙動を想定して号令がかかります。

 なかなかスピードを上げての切り返しができませんが、それも練習。
 基本動作をしっかりすることを第一に、その上でのスピードアップです。

 途中、参段の男性も加わり組手の稽古に。

 形の稽古では各基本形のポイントになる挙動を部分的に行いながら、最後に自己が選択して通して行いました。

 管理人は「平安初段」をやりましたが、前段で先生から

       平安初段の4挙動目の「鉄槌」はしっかり足を引いてから、右手を胸の前から回して行うように。

との注意がありました。
 
 なにやら変更されたそうで、今後この様に行うということです。

 形の稽古を一通り終え、団体形の対戦です。

 小学校低学年、高学年、中学生の男女に分かれて対戦となります。

 審判は参段の男性と管理人。

 低学年男子の形がなかなかよかったですね。
 まだまだ細かいところが出来ていなくて荒いのですが、力強さと気合いの良い分、どうしてもそちらに挙げてしまいます。

 さすがに中学生男子の形には及びませんけどね
 でも、「勢い」というのはやっぱり大切ですね。
 綺麗に見せるだけでは物足りません。

 こんな風に感じる管理人は見る目がないのかも知れませんけどね。

 通常の稽古はここで終了。
 後半の特別練習までの間、先日、京都へ修学旅行に行ってきた中学二年生から、お土産の「生八つ橋」がみんなに振舞われました。

 いつの間にかそんな年齢になっているんですね。
 大人になるわけだ....

 これまで管理人は、後半の練習には関わってきませんでしたが、この日は参段の男性が「帰るの~」と残ってオーラを出していたので、先生に「お手伝いします」と居残り決定。

 みんなが練習している中で、出来の良くない子を見つけてアドバイス。
 カテゴリー別にダメ出しを受けている子を捕まえて、「ここがいけない」「こういう風に」などのアドバイスをして回ります。

 ダメ出しを受けている子の大半は、基本動作を忘れて勢いだけで動いています。
 そりゃ「勢い」は大切ですね。
 管理人も綺麗なだけより、勢いがあって力強い方が好きです。

 でも!

 ドタバタしていて極まらない動作はダメです!
 だから、基本の動きをしっかり行って、且つ、スピードを上げて、強く行わないと合格できないのです。

 管理人が、基本の動作をもう一度おさらいしてあげて、その通りにやってみれば出来なかったことが出来るようになったことを見れば、なんとなく「理屈」というものが解って貰えたんじゃないかと思うのですがね....
 どうですかね。

 後半の稽古が終わってからも、子供たちは各々練習したり、おしゃべりしたりで帰ろうとしません。
 管理人もお迎えの保護者の方とお話したりして、結局帰ることになったのは午後11時近くになっていました

 あ~、週末でよかった。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/881-e32019e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad