日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

春ですね~

 日中、気温がどんどん上がってTシャツでもいいくらいでした。

 そんな中、昨夜も稽古が始まりました。


 基本にしっかり時間をかけます。

              「こんなことができないと形も組手もやっている時間がない」

 と先生は気合いをかけてきます。

 その場での「三本突き」「手刀受けなのですが、突きのスピードやしっかりとした体の締めが出来ていないことから、なかなかみんな先に進んでけません。

 最後に残ったのは4人。

 「このなかでもレベルの差があるのが解る。」
 「空手は、できないことがあるから面白い。できるようになるから面白い。」

 そりゃできるようになれば面白いんですが、これがなかなかねぇ....

 次は形です。

 「平安五段」でしたが、管理人は最後まで残ったものの、そこからの選別で落とされました。
 飛び上がっての「下段十字受け」がまずかったのですが、基本の形は変わらないということです。

 そして団体形。

 管理人のチームは小学校高学年の男の子2人と組むことになりました。
 初めは3人だったのですが、対戦相手チームから2人入ってきて6人に。
 2・1・3の不思議な隊形で演武。

 次の試合も対戦相手から2人降りてきて、8人の大所帯に。
 3・1・4の隊形に。(あり得ない...)

 ここで最終試合だったのですが、相手の高学年女子のチームと引き分け。
 毎度のことですが、「慈恩」は3回が限度。
 もちません....

 最後に少し組手をして終了です。


 稽古が締まった後に、道場の卒業生でこの春高校を卒業する男の子が、就職の挨拶に来てくれました。
 新生活を前に髪の毛もサッパリと短くして心構えが伺えます。

 どうかがんばってくださいね。
 そして道場にも顔を出してください。
 待ってます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/876-7f995be8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad