日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

週末

 金曜日、管理人は遅れての参加。そろそろ年度末ですし、何かと慌ただしい時期ですしね。


 さて、管理人が参加するころには形の稽古に。

 「慈恩」のところから参加です。
 いつもより列が少なくなっていて、最後尾にいる管理人は狭くて大変!
 子供たちと接触しながらやってました。

 一通り練習してから、「全員正座」

 その場で正座をして呼吸、気持ちが充実したら前に出て形を演武します。
 形は自由。
 とは言っても選定形ですが...

 先ず参段の一般男性が立ち上がりました。 「燕飛」
 続いて管理人。「慈恩」

 そんな流れで一度に演武するのは4人くらい。

 それぞれが演武を行いました。
 色帯の中でも「燕飛」を演武する子がかなりいました。
 1年生の女の子も  微笑ましいですが....

 そこから「団体形を行います」

 管理人は一般男性と2人で組むことに。
 
 「どうする?」「さっき何やった?」 「慈恩」「燕飛」

 じゃあ、やっていなかった「観空大」で

 どうせスピードのある挙動はできませんが、大人の形をやるということで。

 全部で8チームくらいあったのですが、慈恩が半分、残りは燕飛と観空大が半々。

 勝ち抜きで、最終的に小学校高学年女子の慈恩が1番でした。


 最後に組手。

 稽古の締めは、団体形のチームごとに勝ったチームが先頭で並びます。

 締めの号令は1番のチームの小学生高学年の女の子。
 初めてのお役目にちょっとビビっちゃったかな?


 稽古が終わってから、それぞれ昇段の練習や形の練習をしています。
 管理人も少し移動基本をやった後に、前回も指導を担当した茶帯の男の子の移動基本を見てみました。

 だんだん良くなってきていますが、特に目についた「外受け、エンピ、裏拳、逆突き」を指導。
 ちょっと余計な動作も入っていたりして、ピリッとしません。

 姿見を見ながら練習です。

 まだまだ上手くなれる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/869-7df923df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad