日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

大会前

 昨夜の稽古は週末の大会前と言う事で、選手のみんなはかなり力が入っていたようですね。


 さて、基本の稽古では「立ち方」重点と言う感じで、「騎馬立ち」からの重心の移動を重点に行います。
 要は、腰の位置を変えずに重心だけを「前屈」「後屈」に変化させていくという事ですね。

 だんだんと重心が上がってしまい、騎馬立ちではなくなってきてしまいます。
 それを一定にするのが目的なんですけどね
 
 しばらくやった後に移動に入りました。
 追い突き、上げ受け、外受け、内受け、手刀受け....
 すべての動きをしっかり極めてから次の動作に移る様にします。

 挙動ごとに極めを作って行い、次の挙動を「極められる」と言うタイミングまでは動かない。
 これってずっと緊張しているから疲れます
 管理人だけですかねぇ....

 組手。
 相手を作らずに、いろいろなコンビネーションを練習します。
 
 「組み合わせは無限にある」

 と先生は言いますが、一つ一つの技がしっかり出来る様になっていないと、コンビネーションもあったモノではありません。
 凡人はせいぜい三挙動ぐらいを合わせれば続きません。
 
 自由組手になって高学年の女の子とやっているときに、お互い出会いを計っていてたまたま出るタイミングがあってしまい、逆突きが中段に入っていしまいました。
 強くは打たなかったのですが、体重が乗っていたのでゴメンナサイ、止められなかった。

 このころになると汗だくです。
 遅れてやってきた一般女性が、「外にいるとあなたの声しか聞こえない」だそうです。
 それだけ頑張っているんだと思って
 だって声を出していないとテンションが下がってしまいますし、気分が乗らないよね。

 でも、それだけでかなりくたびれちゃうけど。

 最後に形。

 「自由に形を選んで、自分のタイミングで一つ一つの挙動を極めながら行いなさい。」

 最近こんな指示が多いのですが、こういう時は管理人、好きに選んでやっています。
 だって、得意形なんてないもの。

 で、昨夜は「抜塞大」です。
 内受けの際に逆腰が入る様に...と注意してやってるつもりなんですがねぇ

 最後に一通り演武して稽古終了です。

 
 大会の選手は、今朝早くに出かけていました。
 今日は移動日ですから、夕方までには到着して少しウォーミングアップするんじゃないかな。
 今回は福井県敦賀市での北信越地区大会ですから、東尋坊とか行くようです。

 楽しんで、そして試合は頑張ってきてね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/843-74b73b1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad