日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

大会前

 週末の稽古は日曜日の長野市交流大会に向けての練習になりました。

 とは言っても、特に変わったことをやるわけでもありませんが....

 基本の稽古を行った後に、形の稽古にかなりの時間を割いたというだけのこと。
 火曜日の稽古と同様に、「平安初段」「平安二段」を重点的にやったのですが、これはどちらかと言えば級の下の子たちのための稽古です。

 ですが、真剣になってやっているのは逆に有段者の方だったりして....
 だって、できないものはできないのですし、先生の要求する「パワー」だとか「スピード」をなんとか上げようとすれば自ずと必死になってしまいます。

 二つの形のどちらかを選んで演武します。
 これは二度行ったのですが、管理人は二回とも「平安二段」です。

 姿勢が大事だとはわかっているのですが、なかなか極まりません。
 後方への「上段裏拳打ち・蹴上」からの「手刀受」も遅いし....
 だから頑張ってやらないと。

 やっているうちにできなくて自己嫌悪に陥りそうですね。

 このあと、管理人は一般女性と一緒に8級の子たちの形の面倒を見ることに。

 自分で直すことが出来るレベルではないところなので、ああだこうだと挙動ごとに直して行きます。
 でも、そのたびに強く指導するとなんとなくできるようになってきます。
 この「つよく」というところの匙加減が難しいところですが、管理人はあまり関係なく横並びで指導してしまいます。
 要は、「ここが大事」とか「こうするんだ」という印象を、受け手側にどう刷り込むかという事ですね。

 だから直してやって、それが出来れば「だろ~!? 基本通りにやればできるようになったじゃないか。だから間違っているって言ってるだろ?」なんて褒めるとも貶すともつかない言葉で煽てるのですが。

 「こうしたから出来た」

 という事を解らせれば、そうしないから出来ないという事で自分で練習できますからね。

 有段者、茶帯の子たちはそれどころではなく、先生の厳しい檄が飛んでましたけどね。


 移動での組手のコンビネーションを一通りやって、打ち込み、出合いの動きを練習。
 軽い自由組手をやった後に、4チームを作って試合です。

 管理人と一般女性が審判で2コートで行います。

 管理人のコートでは一人反則負けを取りました。
 ルール自体が曖昧なうえに審判の基準も曖昧な今、昔ながらの境界基準で試合をしていてはいつまでたっても意識が向上しないばかりか、そのたびに反則を取られてしまいます。

 当人に解ってもらうために反則負けとしましたが、どうにも不満そうでした。
 それを解ってもらうには、まだまだたくさん試合で負けないといけないかもね。

 明日の試合、みんなそれぞれのレベルでベストを尽くしてくださいね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/840-5814e9ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad