日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

組手

 昨夜の稽古は組手中心。

 と言っても「一本組手」の徹底的なブラッシュアップ。

 上段突き、中段突き、前蹴り、上げ受け逆突き、外受け逆突き、下段払い逆突き。

 この一連の動作のレベルアップを行いました。


 全員が一本組手を行い、その中から合格をもらった者が指導を行います。

 今回は担当者を先生が指定。
 管理人は一番最後の「下段払い逆突き」を担当することになりました。

 とは言っても、最初は「上段突き」の面倒を見ます。

 男の子を3人指導しましたが、みんな「気合」が足りないよ。
 絶対的に不足している。

 何か技を出すときは、大きな気合を入れることが一番大切だと思います。
 だって、何か重い物を持ち上げるときに「よいしょ!」とか「せーの!」とか、掛け声をかけること、あるでしょ??

 これって、掛け声に合わせて力を入れるから、そうでない時の何割増しかの力を出すことが出来る証拠じゃないです?

 「ヤー!」でも「ター!」でも「ハーイッ!」でも何でもいいです、べつに。

 要は、気合と一緒に技を繰り出すことが大切で、そして気合は大きくなければダメだという事。

 それが弱いから技が極まらない。
 貧弱な上段突きになる。

 そういうことがまだ理解できてないですね。

 

 そのあとは、形。

 帯別の形を行います。
 平安初段、平安三段、平安四段、平安五段、鉄騎初段。

 一通り終わったところで、自分で選択して形を行います。
 管理人は「平安弐段」。
 最近やってませんでしたし、手刀受が相変わらず苦手ですから。

 そしてその演武が終わってからは、一旦全員が正座して数名づつで演武します。
 ここでも自分で選択して平安、鉄騎、選定形のいずれかから行います。
 管理人は「平安五段」。

 一応合格できたようでした。ホッとします。

 ここで稽古は終了。
 終了後、形の練習する者、多数...


 余談ですが、この日の稽古開始直後、その場の基本をやっている時間帯に、前回と同様に整列の練習をしました。
 この日は、「列を整え、番号をかけて人員を把握して、更新をして元の位置まで戻しておしまい」と言う一連の動作を行いました。

 4グループを作って行ったのですが、これって何処のグループにも必ず行進の時に「手と足を同時に踏み出す」者がいるのが笑えます。

 必ずいます!!

 「前へ~、進め!」

 こんな風に号令をかけるのですが、これがやっちゃうんだなぁ....
 「左足から歩き出すんだよ」
 こう説明して、何度か練習をして、とおして行います。
 幸い管理人のグループは出来が良かったです。

 「普段から号令に反応してすぐに動けるように」

 先生は言います。
 指示を聞いて、理解して、即反応できるように。

 いつまでも反応できないのは「時間泥棒」だって!
 他の人の練習時間を短くしているから。

 先生の話をよく聞くことだね。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/838-0e234f12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad