日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

基本

 昨夜の稽古。

 管理人が道場に到着すると、既に先生が正面に座り、稽古開始のあいさつをしていました。

 「あれ? まだ時間になっていないのに....」
「先生の気まぐれ?」

 少し遅れて体操を行って稽古に合流。

 その場の基本から行うところですが、五名の代表者を出して、そこにグループのメンバーを選び整列の練習です。
 要は「行動が遅い」という事です。

 先生の号令に素早く反応できるようにさせるため。

 代表者が位置を決め、「整列!」の号令をかけます。
 ここにおおむね身幹順序に縦一列に並ぶ訓練を何度か行いました。

 管理人のグループは何度も最後に集合しました。
 これは、もう個人の本質的なものですね。

 「号令に合わせて素早く列を作る」という意識に欠けています。
 
 埒が明かないので、他の代表者と相談して位置を変えました。
 そこで「整列!」

 すると、今までのイメージで管理人の位置も確かめずに、今までの位置に向かっていき慌てて戻ってくる者がいます。
 また最後になってしまいました。
 「周りを見ること」「行動を早く的確にすること」

 よい訓練になったかと思います。

 で、稽古再開。


 その場の基本から、「前屈」「後屈」「騎馬立」の練習。

 前屈立ちでは「追い突き」を行い、後屈立ちに切り替えて「手刀受」、ここから騎馬立ちに切り替えて「鈎突き」です。

 それぞれの立ち方で合格をもらうと、最後にすべての挙動を一連の流れで行います。
 まあ、なんとか最後まで行きましたが、色帯さんたちには厳しいかもね。

 実際、厳しかったですが...


 基本が終わると形に移ります。

 今までやってきた基本の動作を踏まえての「平安初段」です。
 ここで、「今までやってきた基本の立ち方」を意識してやっているかを見られ、次の段階へ進みます。
 当然、ダメ出しもあります。

 次の段階に進んだ者は、自分で選んだ別の形を行います。

 管理人は「平安四段」です。
 得意な訳ではないですが、最近やり込んでいるので....

 ここでそれなりのレベルと判断されると、次は自分がやりたい形をいくつでも行います。

 平安初段から鉄騎初段、岩鶴、半月、十手、燕飛、慈恩、抜塞大、観空大。

 先生の読み上げる形に合わせて、自分で行います。
 管理人は「平安四段」と「抜塞大」を行いました。
 どちらの形でも、先生からダメ出しを受けましたが....

 さて、稽古はここで終了です。

 「あれ? いつもより30分早い??」

 その後、移動基本を練習する者、多数....
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/837-56d5bc30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad