日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

形のみの参加

 管理人、遅れての参加です。

 組手も終わったころに、準備運動も完了。
 入念にならざるを得ませんが...


 さて、形は「平安初段」を一挙動ごとにゆっくり行います。
 腰の動きとか、運足とか....
 気を使いながらやります。

 その後、自分で選んだ形を行います。
 平安形から鉄騎初段までの中から選びます。

 管理人は、先日ダメ出しをもらった「平安四段」です。
 そりゃあ、ダメ出しをもらってから自分なりに気を使いますし、挙動の確認もします。
 でも、流れの中でどうなのか? と聞かれたら自信ないですよ、実際。

 だからと言って別の形に逃げても、結局できないのは同じですからね。

 先生の目にどう映ったかは知る由もありませんが、他の有段者と一緒に演武しました。

 一通り、全員が演武し終わったところで、レベルの落ちる者は平安形を練習し、その他の者が「慈恩」を練習します。

 各ブロックに分けてチェックされますが、最初の三本突きのところで躓きます。

 リズム、そして力強さに欠けているんですかねぇ...
 何度かやってからね次のブロックに進みました。

 次のブロックが長い挙動で、ここでダメ出しです。

 最後に「自由に形を演武しなさい」と指示が出たので、せっかく練習したのですから「慈恩」をやりました。
 ほとんどの者が「慈恩」でしたね。
 中には違う選定形や、帯のレベルの平安形をやっている子もいましたが....

 締めの際に

   「うまい、下手は他人と比べるから差がつくだけであって、自分が練習していく中で真摯に取り組んで行く   過程では、上手い、下手は関係ない」

   「そこであきらめてしまうことがレべルを決めてしまう。あきらめずに取り組んでいれば遅い、速いの差こ   そあれ、いつかは同じところに行きつくことが出来る」

と話がありました。

 稽古の後、管理人が練習しているのを見て、アドバイスをもらいました。
 稽古の最中では、「自分で気が付いて直して行く様に」となかなか言ってはもらえませんが、また直さなければならないところが増えたという感じです。
 先生の言を借りれば、

   「まだまだうまくなれる」

という事だと思って、頑張りますかね。

 自分のことをさておき、形の練習をしている男の子を見て、微笑ましくなって少しアドバイス。
 「どこが悪い」というところが解らないと、いつまでも先の見えないトンネルを歩いているような感覚になっちゃうよね。

 頑張ってくださいね。 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/836-17dd032c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad