日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

珍しい参加者

 久しぶりに高校生の男の子2名が稽古に参加していました。

 そろそろ高体連の新人戦の準備が必要な時期ですね。
 1年ぶりくらいになるのかな?

 身体もずいぶん大きくなって管理人よりも背が高くなっているかもしれません。

 何より面白かったのは「声変り」していたこと。
 耳にしたときは「おぉ!??」って感じでした

 最後まで稽古をしていきましたけど、組手では中学生5人を相手に試合をしたり、形では突如として「燕飛」「岩鶴」をやらされたり....

 先生には「お前たちがいたから、ちょっと気を使ったんだぞ」なんて言われていましたが、普段それほど練習していないはずですから、普段通りの稽古についていくのはそれなりに大変だったかと思います。

 さて、色帯さんたちはそれぞれのレベルの形の練習をすることになりましたが、管理人は「平安五段」をやらなければならない今現在5級の子たちの面倒を見ることになりました。

 ここで、ひとことで言ってしまうのなら「覚えていない」です。
 現在、紫帯を締めているという事はここまでの過程をこなして来ている証拠であり、そうであれば次に習得しなければならない形の挙動くらいは理解することは当然であって、昇級審査を目前にして「前屈」なのか「後屈」なのかを管理人が指摘していく段階でないことは解るはずです。

 そのために「見取り稽古」として有段者の演武する形を見て覚える時間がとられているのであって、そこで覚えられなければ自分の時間を使うのか、それとも稽古の終了後に先輩に教えてもらうのか、とにかく自分で何とかするしかないのです。

 それを自分で分かっていないんじゃないのかな?
 誰かがやってくれる訳じゃない。
 
 管理人が面倒を見た紫帯は全員不合格です。
 そして、「自分が直さなければいけないところは何処か、方法は解っている?」と先生に聞かれて、全員が「解っています」と答えたのですから、次までに直さなければいけないよね。
 少なくとも、直そうとする努力はしなければいけないね。


 次回の稽古を楽しみにしています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/833-22f7d833
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad