日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

毎度ですが

 金曜日の稽古、一般男性とともに遅れての参加。

 基本の練習が終わったところでの参加です。
 
 この日は形の稽古から入りました。
 ここ数回、平安形のチェックにかなりの時間が費やされていますが、この日は「平安五段」に行くかと思いきや、そうではありませんでした。

 じゃあ、どんな練習をしたかというと...  よく思い出せないんです???

 とうとう「若年性痴ほう症」が始まってしまったかもしれませんね....

 で、管理人は先生から小学一年生の男の子に「平安初段」を教えるように指示されました。
 このところ、稽古をお休みしていた感のある男の子。
 以前にも平安初段は教えていたのですが、さて、どんな具合かな?


 う~ん、前半の上げ受けのところ辺りまでは突っ掛りながらもなんとかいきますが、そのあとはどうにも....

 一挙動づつ号令をかけて進んでいきます。
 やっぱり最初は転回をする動作が覚えられないんですよね。
 これは大人も同じ
 ここを理解できると、そのあとは覚えが早いのです。

 さて、男の子はなかなかここが理解できません。
 管理人は「手とり足とり」教えていくのは嫌いです。

 一応手本を見せながら、あとは挙動を口で説明して号令をかけていきます。
 「右」だとか「左」だとか、そんなことは小学生なら理解できるはずです。
 理解できないのは、その「つもり」がないから。

 与えられた時間で、とりあえず突っ掛りながらも最後まで行けるような感じになりました。

 そして、それぞれの指導を受けた者が演武することになりました。
 先生は「無号令でも、号令をかけてもいいです」と助け舟を出してくれたので、管理人は号令をかけて演武させることにしました。
 だって、まだ無理だもの。

 ここでかなりの時間を取りながらも最後まで演武を行いました。
 稽古が終わってから、「忘れないように家で練習してね」と声をかけておきました。
 平安初段が覚えられないと、胴衣を着ることが出来ないのです。
 いつまでも体操着じゃあ恰好がつかないよね。

 残った者もそれぞれ自由に形を演武しましたが、先生からは「全然挙動が決まっていないじゃないか!」と一般男性を除いて全員ダメ出しでした。

 最後に組手の練習です。
 組手が終わった後、身体をリラックスさせる時間を取って、床にあおむけになって腹式呼吸を繰り返しました。

 ここで、大汗をかいて胴衣が濡れていた者は床の色が移ってしまって大変なことになってしまいました

 お尻が黄色くなった者、背中全体が黄色くなった者....
 やっぱり胴衣の下にTシャツを着ている女の子は胴衣自体がそれほど濡れていないので色移りがありませんでした。

 帰ってから直に洗剤をつけて洗ったにも拘らず、一度の洗濯では落ち切れず、二度洗濯しました。
 大変です
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/831-18bb7fbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad