日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

大会1日目

 大会初日。


 団体戦と個人戦の一部が行われます。

 朝の練習を終えて、選手たちはアリーナ内で開会式に出ます。
 管理人たちは、出店のブースをさらっと見て試合に入る準備。

 団体戦は形試合から行われます。
 今大会、道場からは小学校低学年男子、小学校高学年男子、小学校高学年女子、中学生男子、中学生女子の5チームが出場しました。

 それぞれのチームに一人づつ、監督代行が付きます。
 実際のところ、進行時間がずれているので、ある時は3、4人が1チームについたりしてましたけどね

 だって、時間が許せばそれぞれの演武を見たいじゃないですか!
 他のチームの演武を見たって、出来が良いか悪いかが解るだけで、最終的に予選を通過できるかどうかは全チームが終わってからですしね。

 とはいえ、他のチームの点数はしっかりつけていましたが.....

 低学年男子は管理人が担当。
 一般の男性も一緒になってコート脇で応援。

 「慈恩」を演武しましたが良い出来だったと思います。
 普段道場でやっている練習での形より、よっぽど気合もノッていて「勢い」がありました。

 で、7チームが戦う一回戦を上位2チームに入って二回戦へ!!
 よく頑張ったと思いますよ!
 予想外??と言ってはいけませんが、次につながりました。

 そして、4チームで戦う二回戦は演武順に「抜塞大」「慈恩」「慈恩」「燕飛」です。
 ここで0.2点及ばず、順位決定戦に進むことはできませんでした。
 残念、残念、残念....
 来年、このメンバーで戦うことはできないけど、頑張ってほしいです。

 
 次に行われたのは高学年男子形。
 ここでも本番に強いのか、気合の乗った力強い形を演武してくれました。
 全国大会が初めての選手が2名いたので、緊張してしまうかなと思いきや、なかなか図太いですね
 形は「慈恩」でした。

 一回戦は10チームで争われます。
 上位2チームが二回戦へ。

 演武順は3番目。
 ここで思いがけず高得点が出ます
 
 その後の7チームの得点が気になってきますが、上回ったのは1チームだけ。
 やった! 二回戦進出です

 その後、4チームで争われる二回戦。
 ここでは残念ながら得点が伸びずに4番手に終わりました。
 よく頑張ったね。
  

 高学年女子は「岩鶴」を演武しました。
 予選グループで唯一、この形を演武しました。
 「いつも通り」といえばそうですし、この全国の舞台で良い意味で緊張できて、普段通りの演武が出来たのだと思います。

 そして決勝へ。
 やはり「岩鶴」を演武するのは、このチームだけ。
 他のチームは「慈恩」が圧倒的に多いです。

 結果は、残念ながら4位に甘んじました。
 形の性格上、「極め」が難しいところがありますが、他のチームと比べて少し弱いところがあったかと思います。
 
 中学生男子。
 このチームも「慈恩」です。
 しかし、中学生になってくると力強さがモノをいってきますが、今年初めて組んだチームでの全国大会は厳しかったのかな....
 もう一度作り直して、来年に期待大です。

 中学生女子。
 今回、道場からの出場チームの中で一番完成度が高かった?と思われる中学生女子。
 13チームによって争われる一回戦。
 「慈恩」をしっかりやり切りました。
 ですが、残念ながら予選通過はならず。

 道場から出場したチームでは、高学年女子が頑張ってくれました。
 残念ながらメダルは持ってこれなかったのですが、立派な成績です。

 
 形が終わると、間をおかず組手の試合へ。

 団体組手に出場するチームは、低学年男子、高学年女子の2チームです。
 まず低学年男子です。

 オーダーは、先鋒・中堅で勝ちを狙うパターン。

 監督はここに集中
 
 そして先鋒は、やはり今大会初めての出場の選手。
 この子がしっかり先鋒の役目を果たしてくれました。

 「狙い通りの展開になる」と思いきや、中堅が予想外に苦戦して敗退。
 こうなってくると、大将にかかってきます。

 う~ん、残念ながら相手チームは大将が良い選手だったようです。
 ここで負けを喫し、敗退です。
 やはり大将戦まで勝負を持ち越してはいけないですね。
 あまりにも負担が大きいと思います。

 でも、よく頑張ってくれたね

 高学年女子。

 一回戦は先鋒、中堅がしっかり仕事をしました。
 二回戦も苦しみながらも勝ち上がり、三回戦へ。

 ここで一、二回戦とはオーダーを変えての三回戦だったのですが、相手チームもしっかり研究してきていたようで、予想外の対戦となってしまいました。

 それでも中堅がいい仕事をしてくれたのです

 ここを制して準決勝へ
 相手は動きの早い選手ばかりで、こちらの選手はその動きに対応できていない様子でした。
 各選手、頑張ってくれたのですが、残念ながら負けを喫して三位決定戦へ。

 今度は大型選手ばかりで体格的に圧倒的不利になってしまい、ここでも残念ながら2敗して第4位という結果に終わりました。

 団体組手で4位を取ってくるのは大変なことです
 よく頑張ってくれましたね。

 

 団体戦を終えて帰り道。
 途中に名物「牛タン」のお店によって、ゆっくりお食事
 やっぱり全国大会にはこういう「お楽しみ」がないとね

 ホテルに帰ってから、子供たちは広場で花火大会でした。
 管理人はお部屋で撃沈でした

 二日目に続く....
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/824-a4af71c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad