日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

連日暑いですね

 「夏」だから当然なんですが、連日暑い!!!

 稽古に道場に入ると風は抜けているんだけれど、どうしても日中の暑さが残っているのと気温が下がり切っていないのが....
 これが堪えます。

 だから準備運動が終わって、基本に入るとすぐに息が上がるし汗が出てきます。

 管理人は基本的に胴衣の下には何も着たくないんですが....
 あ、下着は別ですよ!!

 上衣は素肌に着るのが一番気持ちいいんですが、真冬の寒い時期でも上衣の下には何も着ないんですけど、この暑さの中、汗だくになると体に張り付いてしまって不快この上ない....

 なので最近、速乾素材のシャツを着るようにしました。

 が、この「素材」にもいろいろありまして、選択を誤るとこれがまた「不快感」を増します。

 普通のTシャツより、スポーツ用のアンダーウェアとして設定されている方が快適です。
 速乾素材と謳っていても、いろいろありますね。

 そんな感じで何とか快適に負担を少なくするように工夫しながら稽古してます。

 金曜日は....
 形の稽古で、「慈恩」を行いました。


 いくつかのブロックに分け、それをクリアしていくのですが、管理人は
 
          「その騎馬立ちを何とかしたいんだがなぁ...」

とボヤかれながらも、後半の底掌受けからの左下段払い・右上段受け、上段内受の挙動で撃沈。

 その後、一旦全員が整列して正座。

 「呼吸が整ったら、前に出て演武。順番は関係ない。」

 という事で慈恩をやることになりました。

 管理人はある程度呼吸が整ったところで演武。
 一般の女性と一緒の2人だけでした。

 いつまで待っても回復なんかしやしませんから....

 次に一般男性。
 そのほか、3人くらいの黒帯。

 だんだんと演武の人数が増えてきます。
 最後には色帯が10人以上、一度に出てきてぶつかりながら演武です。

 「6人くらいづつって言ったでしょ」

 先生が呆れてボヤきます。
 自分で考えて、自分の立ち位置を見つけて行動できるようにならないとね。

 最後に組手の試合形式の稽古。

 管理人が審判をして、一般男性が選手にアドバイス。
 変な癖が抜けない子、なかなか攻められない子、いろいろいますが頑張ってるよ、みんな。

 来週末に大会本番だね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/822-b034888a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad