日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

遅れても意外に...

 都合で遅れた昨夜の稽古。

 今は全国選手の練習があることから、午後6時開始と言うことになっているのですが、間に合うときと遅れるときと半々くらいです。

 で、昨夜は遅れた日なのですが、道場に到着したのは午後6時30分頃。

 駐車場に先生の車が見当たらない!?

 ということは遅れたことにならない??

 そういう訳ではありませんが、30分も道場の中でみんなどうしていたことやら....??

 でも、そんな心配は無用でした。
 弐段の中学生の女の子が、しっかり音頭をとって稽古を進めていました。
 ちょうど基本の挙動をやっているところで、前屈の逆突きをやってたかな....

 管理人が道場に入ってから、1分もたたないうちに先生登場。

 ちょうど良かった

 そこからはスピードアップ!!

 先生、遅れを取り戻そうとするかのようにどんどんと進めていきます。
 移動基本は「追い突き」「上げ受け・逆突き」「前蹴り」を重点に行います。
 管理人は「前蹴り」で躓いてしまいました。

 その後、何とか合格を貰って上がり。


 形の稽古に入り、「慈恩」がお題です。

 これもいくつかのパートに分けて、出来を見られます。
 前半の挙動で追い突きが終わるところまでをやっていると、小学3年生の男の子がニコニコして寄ってきます。

 「もう疲れちゃってダメだよ... だって、○○のお父さんより10歳くらい年上なんだよ」と話すと、やっぱりその通りだったようです。
 でも、疲れても頑張らないと進めませんからね!

 なんとか「慈恩」の合格を貰い、茶帯の中学生の男の子の指導を担当。

 全体の流れは当然出来て当たり前。
 でも、細かいところのブレが目立ちます。
 しっかり止まらないといけないところも極められない。

 そんなところを直しながら指導しました。

 それから有段者の前で演武。

 有段者3名の挙手があれば、形の合格と言うことになります。
 1名上がる者、一人も上がらない者、3名以上、上がる者.....

 管理人が担当した男の子はどうだ!?
 上がりません...
 当然、管理人も上げていません。

 指導していたときは、まだ気をつけて出来ていた動作が、いざ形となると元に戻っています。
 これでは管理人も挙手できません。

 昇段審査を受験可能な者、4名が決定しました。
 基本、組手、形のいずれか2つで合格をもらえた者です。


 そんな流れで、本日、審査を受けてきた結果は?


 合格者は2名。
 二人とも小学3年生の男の子と、女の子。
 おめでとう!
 これで君たちも「黒帯」の仲間入りだよ。

 残念ながら不合格だった二人。
 どこが悪かったか、しっかり見直して次に頑張ろうね
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/820-d4a09225
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad