日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

週末

 金曜日の稽古から全国大会に出場する選手の稽古が始まりました。
 そのほかの門下生は、午後6時から7時30分までという予定なのですが。基本的には....

 で、稽古が始まりました。
 蒸し暑くて基本の挙動をやっているだけで息が上がるし、汗が流れます。
 選手の稽古が控えており、時間が短いという事もあって基本、移動基本とどんどんと進みます。

 移動基本が終わると、形の稽古。

 平安初段を行ったのですが、第一挙動の「下段払い」から出来を見られます。

 それをあがると「追い突き」。
 次に転回しての「下段払い」。
 そして、三本連続の「追い突き」。
 最後に、転回しての「手刀受け」。

 というように段階を踏んでの稽古です。

 やっぱり「転回してからの....」という動きが難しいんですよね。
 後の体勢が極まらない。

 「遅い!」「2秒もかかってるじゃないか!」

 そんな「檄」を入れられながらも、手刀受けの辺りまで進んだところで時間切れ。

 それぞれの段階のレベルの者が平安初段を通しで行います。
 やっぱり管理人は、最後の手刀受けの挙動がうまく極まらずにブレてます。
 でも、合格した指導者には、なんとか上げてもらうことが出来ました。

 これって、演武した中では「まだマシ」のレベルですよね.....
 今度はもう少しできるように頑張ります。

 この時点で午後7時を少し過ぎたところ。

 ここから組手に入ります。

 一通りの練習をした後に、有段者からコンビネーションの練習。
 ここから、合格をもらった順に防具をつけて自由組手の練習です。

 そして、全員がやり終わったところから、4チームに分かれての組手の試合。
 既に8時は過ぎています。

 「選手の稽古は7時30分からじゃ...」
 ですが、関係ありません。
 先生、ノッてくると時間は関係ないですから....

 管理人と一般女性が、それぞれ審判をして2試合づつ。

 中には、攻撃が強く入ってしまって泣いてしまった女の子もいました。
 今度は、我慢して試合を続けられるようにしようね。


 若干の休憩を挟んで、選手の稽古が始まります。
 管理人は先生のお手伝い。
 なかなか合格をもらえない者の指導をして、修正していきます。

 形は選定形です。

 一応、「慈恩」と「岩鶴」をお題にして行いました。
 自分が得意としている形は別にある選手もいるんですが、やっぱり「慈恩」が大多数ですしね。

 合格できない子の足りない部分を修正しながら、なんやかんやで終了....

 全国大会まで1か月を切りましたからね。
 これからますます厳しくなっています。
 みんな、頑張ってね。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/815-3bfb7f4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad