日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

努力するということ

 週末の稽古。

 ここ数回の稽古の流れで、昇級審査の続きです。
 前回、組手の審査が行われました。
 残念ながら組手の審査では、試合に勝つことができなくて「合格」をもらうことができない者が何人か、でました。

 そして、組手に合格できなかった者は、形で合格を勝ち取るしか審査に合格する道はありません。


 稽古は、審査をしなければならない関係上、どんどんとメニューを進んでいきます。
 移動基本では、「追い突き」「手刀受」「前蹴り」で出来を見られます。

 管理人は、まず追い突きで躓き、そして手刀受けで何度か躓き、最後の前蹴りでは、終わりを見ぬまま移動基本が終了となりました。

 「手刀受」では、 「構えたらすぐに受けに入れ」「腕だけで極めようとしているから遅い」「騎馬立ちと同じ腰の位置を保て」  と先生に指導を受けました。

 そのとおりなんですけどね....
 なかなか、上達しません。
 これも、常に客観的に見ることが出来ていないという事なんでしょうか?
 いけませんね。


 組手は、一本組手を行った後、自由約束組手をやって、合格した者から抜けます。
 一般の女性ともやりましたが、力が入りますよね。
 
 そして形です。

 平安初段から平安三段まで行って、一旦有段者だけで行います。
 それを各級ごとの色帯が見て、指導を受けたい者にお願いします。

 また、平安四段から鉄騎初段を行って、もう一度有段者が行います。
 やはり各級ごとに指導を受けたい者にお願いして行きます。

 管理人は、なんだか技が極まらずに全ての形をやる羽目になってしまいました。
 見ている者の「目」は確かですよね....
 下手くそには教えを受ける価値がありませんから。

 とはいうものの、残った有段者で茶帯の得意形を指導することに。

 管理人は、中学生の男の子と、小学4年生の男の子を担当です。

 一つひとつの挙動を直しながら最後に通してやってみると、直したところが逆戻りです。
 これでは合格という訳にはいきません。

 中学生は、現在1級で次は初段受験です。
 就学4年生は、現在仮2級で次は1級狙い。

 大会では、気合、スピード、力強さ、全体の勢いなどで、相手との勝敗が決まりますが、審査は形の正確さが何より大事です。
 それプラスアルファで、いろいろなものが求められます。
 中学生には中学生なりのレベルが、小学生には小学生なりのレベルがあります。
 そして、その帯なりのレベルがあります。
 「その位はできなければ」というレベルに達していなければ、合格は出せません。
 
 ですから、多少遅かろうがなにしようが、先ず、正しい形ができなければいけません。
 
 2人は「不合格」に不満だったと思いますがね.....

 指導者に合格をもらった者だけが、形の審査を受けます。

 有段者の前で帯別に形を演武して、半数以上の挙手で「合格」です。
 結果、半数以上の挙手がなかった者が半分くらい。

 次回、形審査のみ、再度行われることとなりました。

 で、稽古が締まった後に、それぞれ先輩にお願いしたり、自分なりに練習しています。管理人も、稽古中に極まらなかった挙動を確認したり、形を練習したりしていましたが一休みしていると、形の審査を受けられなかった茶帯の男の子が
       「慈恩を見てください」
と言ってきました。

 自分の練習をしている間、その子が慈恩を練習しているところが目に入っていましたし、形審査を再度やるという事になったのですから、今ここでやっておかなければレベルアップは望めません。
 ですから、「やる気」だという事がわかっていました。

 その子が、管理人の練習が終わったところにやってきたのです。

 最初の挙動から直していきます。
 体格からは、もっとしっかりとした技が使えて当然、という感じを受けるのですが、なかなかしっかりとした極めができません。

 それが少しづつ、手、足、呼吸が揃ってきます。

 どのくらい練習していましたかね...
 30分以上、何度も挙動を繰り返し、なんとなくよい雰囲気になってきたところで終了です。

 その後、お迎えに来ていた保護者の方と話したところ、その練習を見ていてくれて「よい形になった」とのことでした。
 急激なレベルアップは無理としても、「形を魅せる」という事を少し理解してやってもらえるようにはなったと思います。
 
 週明けの稽古まで、その感覚をキープしていてくれればと思うのですがね。


 残念ながら、管理人が不合格を出した2人は自主練習もしていなかったようです。
 週明けに「道場に来てからでは遅い」よ。

 がんばってくださいね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/811-5afaad92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad