日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

昇級審査 その1

 遅くなってしまいましたが、火曜日に昇級審査の一部が行われました。

 最近の稽古では、この審査に向けて色帯さんたちを重点に基本を重視した稽古を続けてきました。
 先生からも幾度となく、昇級審査に向けて練習しなさい旨の話があったのですが、色帯さんたちはどう捉えていたのでしょうか.... 

 さて、火曜日には基本の挙動から移動基本、組手、形とどんどんと流れていきます。

 移動基本では、初めに有段者が全員で弐段審査の移動基本を行いました。

 管理人が昇段した時とは、内容も変わっていて先生の言う事をよく聞いて行わないと、一体どのような挙動をするのかわかりません。
 そんな状態ですが、何とかやってみました。

 そして弐段・参段の者が抜けて、初段組が弐段審査の基本を行うのをチェック。
 不十分な者の名前を挙げて抜いていきます。
 まあ、妥当なところが残っていましたね。

 そして、そのあとに再び参加して参段審査の移動基本を行いました。
 先生曰く、「管理人と一般女性の審査のため」と言う事でしたが....
 練習しないとダメですねぇ.....

 さて、組手は一通り流して形の練習です。

 平安初段から五段、鉄騎初段までを1分間の自主練習を交えながら通していきます。

 全部通した後、それぞれ選んだ形を平安初段から演武していきます。
 たぶん、みんな二つか三つの形を行ったんじゃないかな?
 色帯さんたちは一つだけだった子もいたかもね。

 ここまでやって、有段者が抜けます。

 色帯さんたちが、審査する級別に移動基本を行います。
 それを有段者が見て、有段者の挙手が半分以上なら審査の受験用紙を貰うことができます。

 気持ちよく挙手される者、はたまた全く上がらない者....

 半分以上の挙手を貰えなかった者が、有段者を指名して指導を受けます。
 管理人のところにも茶帯の3人が来ました。

 ひとつづつ、ポイントを説明しながら指導をしたのですが、話をしているときに別の指導を受けている者を見ていて聞いていなかったので、指導を打ち切りました。

 「俺の話を聞けないのなら、ここには来るな。誰かに教えて貰え。」

 その後、他の有段者の指導を受け、移動基本の審査用紙を貰えたようです。
 人が話をしているときに、他の者の様子が気になって上の空になっている様では、指導を受ける以前の問題です。
 そんな者の相手をしているより、しっかりやろうとしている者の指導をしたいと思うのは、管理人ばかりでないはずです。

 自分の態度から、しっかりと見直してもらいたい。

 一旦、稽古を締まってから昇級審査です。
 この日は移動基本だけです。

 参段の一般男性が号令をかけ、先生が審査をします。
 そして、注意された者は管理人のところで、もう一度練習です。

 さあ、どれだけの子達が審査に合格を貰えたのでしょうか?
 また、審査を受けられるようになったのでしょうか?

 有段者が判断して、「昇級審査を受けて、合格できる実力がある」とみなした者が審査を受けることができます。
 ですから、審査に見合った実力がないと思われた者は、審査を受けられません。

 道場での目安ですが、人それぞれ期間の長短はありますが、だいたい3年間しっかり稽古に来て、頑張っていれば黒帯になることができます。
 管理人の、それほど長くはない経験で言わせてもらっても、初段に受かるにはそれだけの期間と努力が必要なのです。

 ですから、曲がりなりにも黒帯を締めている者は、自分が今までやってきたことに自信と誇りを持っているでしょうし、だからこそ有段者としての資格があるのです。

 先生は黒帯だからといって、技が不十分な者には合格は出しません。
 すぐに下げられて、色帯と同列に扱われます。

 だからこそ、黒帯になってからの方が努力をするのです。
 黒帯を締めていて恥ずかしくないように。

 自分と同時期に入門した者が、昇級して帯の色が変わっていく。
 なぜ、自分は審査に受からない? 審査を受けられない?

 答えは簡単です。

 努力が足りない。

 ただ、それだけです。



 金曜日、管理人は都合でお休みでした。

 組手を中心に練習して、昇級審査を来週の火曜日に行うことになったようです。

 先生は「審査を受けて半級上がりで良いと思った人は帰ってください」と言ったそうです。
 その言葉を受け、危機感を覚えて残った者も、稽古に臨む態度を指摘されて下げられていたそうです。

 「審査を受けていれば、半級上がりでもいつかは初段を受けられる」

 そんな甘えた考えの者がいたとすれば.....
 普段の稽古の様子を見れば、どんなつもりでやっているかはだいたい解ります。
 そんな風に見られないように頑張ってくださいね。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/808-4b930cd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad