日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

良い時期ですね

 昨日の長野市は30度近くまで気温が上がり、初夏と言うにはかなり暑い1日でしたね。
 新緑も日に日に色濃くなってきて、とても気持ちの良い季節になりました。

 さて、週末の稽古。

 管理人は遅れて参加です。

 県大会も終わり、次の大会に向けての練習が始まる前に昇級審査もあったりして、基本の技をしっかり見直すには良い時期です。
 
 左右の逆突きを、上げ受けを絡めながら練習していました。
 合格した者が、できない者の指導に当たっていきます。

 管理人も順番を経てとりあえず合格を貰ったので、小学2年生の男の子の指導に。
 何が悪いかって、立ち方がしっかりしていないこと。

 前屈立ちをしたときの後ろ足の膝が曲がっていたのでは、力強い突きも受けも出来るわけないね。
 膝が曲がると言うことは、しっかりとした幅をとった前屈立ちが出来ていない証拠でもあります。

 そんなところを直しながら、「合格です」っと言ったところで時間切れ。
 せっかく直ったんだから、次回はそのままで稽古できるようにして欲しいなぁ。
 また、最初からじゃねぇ....

 移動基本を済ませて、組手は「一本組手」の練習です。

 いわゆる「寸止め」を実現させる為の練習ですが、これが難しいです。
 間合いの取り方がしっかり出来ないと、「寸」ではなくて「「尺」になってしまいます。
 「尺止め」じゃあ格好付かないよね。

 でも、「寸止め」が出来たとしても、伸びきった突きでは、その後の突き込みが出来ませんから、若干の余裕を持たせた突きをしつつ、寸止めするのは厳しいものがあります。

 できないんだなぁ、これが....

 形の稽古では、最初に平安弐段を少し練習して、「岩鶴」と「燕飛」を練習です。

 練習の後、「どちらかの形を選んで演武しなさい」との指示です。


 管理人は、どうせ出来ないのですから「岩鶴」を選んでやってみました。
 緩急の付け方と後屈立ちの部分が面倒な印象です。
 あと、蹴上げは上がらないけど

 有段者はともかく、色帯の子がどうかというと、出来ない子が大半なのですが、白帯の男の子が手順を間違えずに「岩鶴」を最後まで通したのにはビックリ!!!

 はやりの言葉で言うと「じぇじぇじぇ~!!!!!」ですかね

 「出来ないのであれば、自分の時間を使って出来るようにすることが大切」

 先生も全てを見ることはできませんし、列を作って練習するにも一番後ろの隅っこにいては当然目が届きません。

 そのときになったら、すすんで一番前の列に並ぶくらいの気持ちがないと、先生に良い悪いの指導も受けられませんね。
 場所の取り合いになるくらいなら面白いのに。

 稽古が締まった後で、保護者の打ち合わせやら何やらで1時間半.....

 待っている者同士、「おなか空いた」
 だよね~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/801-9acdd031
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad