日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

県大会

 昨日の日曜日。
 ゴールデンウィークも終わり間近の日曜日。
 お出かけには最高のお天気でした。

 ですが、日本空手協会の長野県大会が松本市のスカイパーク体育館で開催されました。
 ゴールデンウィークも丸つぶれの状況でありましたが、選手達はこの日の為に頑張ってきました。
 いよいよ、その練習の成果を試すときが来たのです。

 で!


 選手達は午前7時に現地に入りました。
 その時点で、既に会場にはたくさんの選手、観客が集まっていたそうです。

 「そうです」というのは、管理人は毎度のことで遅れて参加です。
 そうは言っても、開会式までには会場には入れましたから良しとしません?

 選手達はウォーミングアップも済んで万全の体制です。
 各種大会をくぐってきた歴戦の強者達とは違って、今大会が初めての大きな大会となる、特に3年生の子達は緊張してしまって大変だったんじゃないかな....
 
 当然ですよね。
 応援にきている保護者の方も、試合が始まるまでは気が気じゃなかったんじゃないでしょうか。

 でも、コートに立てば誰も助けてくれる者はいません。
 自分が今までやってきたことを出し切るだけです。
 それで負けてしまうのであれば、努力が足りなかったということ。
 また、頑張れば良いだけです。

 今大会の選手のサポートは、管理人、一般女性、参段の一般男性、高校生の男の子の4人体制です。
 万全とは行かないまでも、何とかなりそうです。

 さあ、試合開始です。

 まず、団体戦の形の試合から。

 道場からは、中学生男女・小学高学年男女・小学低学年男子の5チームがエントリーです。

 低学年男子。
 出場8チームの2番目の演武です。
 8チームの全チームが形は「慈恩」です。

 いつも道場では頑張ってはいるのですが、まだまだ呼吸の合わない演武....
 それが、この大会会場のコートに立った途端、気持ちと身体がシンクロ、そして3人の「勝ちたい」という気持ちも一つになったのですね。

 コート脇で見ていたら、今までに最高?の演武だったのではないでしょうか....
 良い演武でしたよ。
 観客席の保護者の方もドキドキだったでしょうね

 見事に、そして予想外の優勝を獲得しました。 

 高学年女子。
 出場6チームの最後の演武です。
 各チーム、観空大、燕飛、慈恩の演武です。
 今回、道場の高学年女子は大会に向けての練習にあたり、先生に「岩鶴」の演武を申し出ました。

 基本的には「慈恩」を演武する予定だったはずなのですが....
 何故だったのでしょうね。
 子供達から「岩鶴」の申し出があって、先生の指導も厳しくなり、

            「そんな程度ならやめてしまえ

とも言われていました

 でも、通常稽古の後に居残って頑張ってきて、道場内の選考会を潜り抜けてきたメンバーで挑んだ大会です。

 最終的な出来はともあれ、最終の演武での「岩鶴」は見事にハマりました!
 
 念願の「岩鶴」で優勝を勝ち取りました。

 この後は高学年男子。
 とりあえずここまで
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/798-7614f162
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad