日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

 火曜日はなんだか寒さが身に染みる夜でした。

 気温は3度くらいあったと思うのですが、なぜかとっても寒くて道場の中でヒーターを焚きたい気分でした。


 しかし!

 さすがにヒーターを引っ張り出すわけにもいかず....


 基本の稽古を終わるころには、身体も暖まり寒さを気にすることもなくなりました。

 基本を終わって、すぐに形に入ります。
 平安初段から平安三段まで、合格者を上げてその他の者の出来を判断させます。
 
 と、ここまではいつもの流れなのですが....

 この日は、最初の合格者を茶帯の上から5名として、そのあと有段者以下の出来を判断させました。

 まあ、実際の出来も良くなかったのかもしれませんが、形の良し悪しは茶帯の5人にも判断できるわけで、管理人などはなかなか合格を出してもらえませんでした。(笑)

 そして、最後に「慈恩」を5ブロックに分けて進めていきます。

 各挙動を合格して上がった者が、途中でダメ出しを食ったものを指導します。

 管理人は、中間部の「底嘗受け」の部分を2人の男の子に指導しました。
 白帯さんなので、そこそこのレベルまでできればOK!

 そして、最後に合格者が慈恩を通して、形終了。
 一回、通しただけですっかり息が上がってしまいます。
 途中から参加した高校生の男の子も、おんなじです。

 形だけで1時間以上やってました。

 組手は、打ち込みから技を限定しての自由な組手をして、学年ごとのチームを組んで試合です。

 管理人と高校生の男の子が審判をして、2コートを作って行いました。


 いろんなレベルの子が混じってやるので、試合の結果もまちまちと言うか、番狂わせもあったりで....

 レベルの高くない子は、しっかり技をコントロールできるようにならないと、ただ反則を取られて試合終了ということになりかねませんね。
 
 次回、昇級審査をするとの話がありましたから、それぞれが頑張らないとまずいですよね!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/783-1dc6bd12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad