日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

準備が始まりました

 火曜日の稽古では普段通り先生の指導で稽古が始まりました。

 基本の稽古から移動基本。
 移動基本では、それぞれの技のスピードを上げるように先生の気合いがかかります!

 「遅い!、もう一度!」

 繰り返し、繰り返し....
 そこから次の挙動に突然移られると付いていけないんですよ、これがまた....

 移動基本が終わると、型の稽古に。
 いつもは組手に入るんですけどね。

 平安初段から平安参段の前半の6挙動位を繰り返し練習し、三つの型から自分の形を選び演武します。
 管理人は最初に選んだのは、平安弐段。
 いつも最初の挙動を注意されてダメ出しを受けるんですが....。

 このときは「勢い」というか、前に進んでいくつもりで演じたら、お咎め無しで上がりました。

 「次は別の型を選ぶように」

 最初に平安初段から平安参段までを練習していますから、それを全部やるということなんです。
 次に演じたのは、平安参段。

 これも、いつもダメ出しをされます。
 いけないのは後半の挙動ですかね...
 背面への騎馬立ちでの中段振り受け、上段裏拳打ちの辺りが.....

 でもね、ダメ出しが出ようが何しようが、気持ちはいつも全開のつもり!
 まあ、あくまで「つもり」ですが。

 で、平安参段も2回目で上がることが出来ました。
 たぶん、左右の後屈内受けの辺りが足りなかったんだと思います。

 次は残す平安初段。

 これは駄目でした。
 「常に力が入っていて、スピードが遅いし、技が極まらない」
 先生からの指摘です。

 一端、全員正座。

 合格者は5人。

 自分のできなかった型を、再度演武します。
 初めに平安初段ですが、ここで演武したのは管理人を含めて4人?
 あら~、みんな平安初段は出来が良いのね。

 最後に組手です。
 今年の大会で団体を組むメンバーの選考が始まります。
 小学校低学年、高学年、中学生。
 それぞれのカテゴリーで総当たりの試合をしていきます。

 管理人は中学生の試合の審判を。
 一般の女性は高学年を。
 そして先生が低学年と、短時間で試合を進めていきます。

 これから組手、型とどんどん稽古が厳しくなっていきますが、それに着いてこれる者だけが大会の舞台に立つことが出来ます。
 がんばろうよ、みんな。
 そして、頑張って最後に笑おう!

 先日、小学生の男の子に胴衣の新調を頼まれていたものができあがり、早速着ています。
 まだまだ身体には馴染んでいませんが、これからイイ感じになって君の空手を助けてくれるはず。
 
 低学年のちびっ子達もそろそろ胴衣の新調の時期に来ていますから、そんなことでも新しい年が始まったことを感じさせます。

 稽古が終わった後も、子供達は新しい型を練習したりしてなかなか帰りません。
 自分の好きなことをやるのに苦労は関係ないんだよね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/769-ab94b0bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad