日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

昨日は

 管理人は遅れて参加です。

 その場の基本をやっているのを横目に、体操をして身体をほぐして。
 歳をとってくると、しっかり身体をほぐしておかないと思わぬ怪我をしてしまいますからね。
 
 移動基本から参加しましたが、どうも昇段審査の移動基本を念頭にやっていた様子です。
 
 すべての挙動に「気合い」を入れての移動基本です。
 例えば、「外受け、エンピ、裏拳、逆突き」の四挙動のすべてに気合いを込めて行うと、とっても消耗するんです
 また、「蹴上げ」や「蹴込み」も同様に行うと、これまた消耗します。
 子供達はどうか解りませんが、管理人は息が切れてどうにもなりませんでした。

 その後、組手に入ります。
 それぞれの挙動がしっかりと、また気合いが入っているか、を先生が見ます。
 全員が一本組手の挙動を行って、オーケーをもらったのは管理人を含めて5人。

 その合格者が、それぞれの挙動について指導をし、また合格レベルに達していると判断した者を、次の挙動に進ませます。
 まず、管理人が「上段追い突き」を見ます。
 ここが「第一関門」

 ここを抜けないと、次の「中段追い突き」に進めません。
 こんな風に、それぞれの合格者が「関所」を作って、合否のレベルを判断します。
 やっぱり管理人が一番厳しい「関所」かも知れませんね。

 昨夜は形の稽古は無し。

 稽古終了後、初段の移動基本を練習する女の子を少し見ました。
 やっぱり「立ち方」ですかね。
 「後屈」から「前屈」、「前屈」から「騎馬立ち」また「前屈」などの立ち方をしっかり出来ないと厳しいかな。

 そのあと、更に昇段審査を受けようとする男の子をみました。
 力強い動きが出来るのですが、細かいところに神経が行き届いていない。
 また、自分のパワーに負けて挙動が極まらない。

 そんなところを指導してあげて、また保護者の方にもお話ししました。
 やっぱり昇段審査で一番大変なのは、1級から初段に上がる審査ではないでしょうか?
 「茶帯」から「黒帯」に替わると言うことは、それだけの「重み」があるのではないかと思うのです。
 自分が今までやってきたことの「集大成」が、この昇段審査。

 合格しようと思ったら、しっかり稽古することだね
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/750-5bf665f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【昨日は】

 管理人は遅れて参加です。 その場の基本をやっているのを横目に、体操をして身体をほぐして。 歳をと

  • 2012/11/19(月) 16:21:21 |
  • まっとめBLOG速報

FC2Ad