日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

次の...

 子供たちも高学年になってくると、自分の得意形を変更したくなるようで...

 と言う訳でもないのでしょうが、今まで自分のやってきた「慈恩」(ほぼこのパターンですよね)から、もう一つステップアップしたいと思うのでしょうか?

 今まで自分なりに形を詰めてきて、「自分にふさわしい形」と考えた時に「慈恩?」って思うんでしょうねぇ...
 突きが力強くて、スピードもあってパワフルな人なら、そのままでもいいでしょうけど、自分を客観的に見たときに「ちょっと違うかな....」と思う事はあるはずです。

 「慈恩」で築いてきた基本的な部分を、これからは「自分にふさわしい形」に生かす。

 そうなれればとても良いことです。

 稽古が締まった後、5年生の女の子が管理人の横にやってきました。

 管理人は、この子が形で迷っていることを知っていたので「おまえ、どうするんだ?」と聞くと「う~ん、わかんない」でした。

 「観空大は嫌」だそうで、じゃあ「抜塞大は?」と聞くと、どうもこれもピンとこない様子。
 かといって、「岩鶴」や「半月」「十手」ではちょっと....

 で、「燕飛」です。

 管理人も練習している形なので、手順と注意しなければならないポイントを教えながらしばし練習。
 悪くないです。

 あとは、自分がどう作り上げられるかだね。

 一緒に頑張るか!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/738-8ac60355
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad