日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

集中的に

 昇級審査を見据えた稽古も最後です。

 移動基本では、「前後の移動に限界まで足を出すように」との指示でやった後、通常の挙動にするという感じで移動を行いました。
 確かに幅広く移動距離を取った後の通常の挙動は、気分的にも身体的にも余裕を持てます。

 帯別に移動基本をやって有段者が指導するときに、管理人は紫帯の男の子2人を担当。
 ここ数回の稽古で、ようやくやる気モードになったのか、それとも危機感を覚えたのか、どちらでも構わないのですが、気合が入ってました。

 「注意してできるのに、自分ではできないのは神経が行き届いていないからだ」と指導すると、「神経って何?」との答えが....
 そんなに難しいこと言ってるつもりはないんですけどねぇ....
 「気を使っていないと言う事だ」と言いなおしました。

 「指の先、足の先まで気を使ってやりなさい」
 そう言うとできるんですよ、これが....
 「お前たちはできるんだから、しっかり気を使って気合を出して元気にやるんだ」

 そのあと、2人を合格としてみんなの前で他の合格者と一緒に移動基本をやったのですが、1人が上げ受け逆突きを間違えて挙動を行ったので、見ていた先生が即座に「下がれ」とダメ出し。
 練習の時にはできているのに、何で本番で間違えるかねぇ。

 組手の練習では、管理人と一般の女性が無級者の指導を担当。
 先に「一本組手」の練習をしたのですが、合格者が出る前に「五本組手」に移行することになり、管理人が担当した4人は合格といったところですかね。

 形の練習では「頭が働いていない」と尻取りをしながら平安初段をやるという訳の分からない練習になってしまいましたが、要は勢いだけで形をやるのではなく、「良く頭を働かせて考えながら行えるようになれ」という趣旨だったんです。

 でも、尻取りをやりながらでは、考えている時間にダメ出しが出てその度に拳立てをやる羽目に.....
 最後に帯別に形を行い、有段者の合格を貰った者は半分くらい。

 さあ、本番は月曜日です。


 稽古が締まってから、保護者の方が団体形の練習をします。
 管理人が胴衣を持ってきて、それぞれに着てやってもらい、まだまだ胴衣に着られていますが、それっぽいです。
 男性の方の練習になればと思って、一般の女性と一緒に管理人の3人で形をやってみました。
 大人同士でスピードとか丁度いいかと思ったら、やってビックリ、速い早い!
 管理人もついていくのが精一杯でした。

 でも、男性の奥さんの意味ありげな視線はいったい何を物語っていたのか、しっかり聞いておくべきでした。

 ああ、面白かった♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/732-bb105e1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad