日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

遅れてます

 「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、先週末を過ぎたら朝晩は急激に冷え込むようになって、日中も陽射しは強いモノの爽やかな風が常に吹いている様な「秋らしい」気候になりましたね。

 ですが、道場で稽古を始めれば結局大汗をかいているのは管理人だけでしょうかねぇ....

 最近は審査に向けての練習が主なので、「何を、いつ」があやふやになってきちゃっています。


 まず、基本の動作では「手刀受け」をしっかりやりましたよ。
 普段は四挙動を連続で何回か繰り返しているのですが、「一挙動で20秒、動くな」と指示が飛び、先生が次の号令をかけるまでそのままの体制を保持しなければなりません。

 これって見た目にも「キツイ」ですよね~!?
 当然、やっている方としては「ちょっと!もう20秒たっているでしょ??」という気持ちでやっているのですが...
 なかなか次の号令がかかりませんでした。

 移動基本は白帯さんの見本として一通りこなした後に、一人づつ受け持って指導しました。
 管理人は、まだ始めたばかりの小学生の男の子を担当。
 でも、しっかり手順は覚えてましたよ!

 年齢が低い子たちは、言葉で言ってもあまり理解できませんから、とにかく「真似すること」です。
 良い見本を見せてあげれば、それを真似して良い動きをするようになります。
 管理人が「良い見本」だったかどうかはさておいて....

 組手では「五本組手」を練習しました。
 有段者にとっては、ほんとに久しぶりの「五本組手」だったと思いますが、そこに「前蹴り」も加えられて、難しかったです....

 無級から8級までは「五本組手」をやりますから、しっかりできるようにね!

 形では、「鉄騎初段」を練習してから先に有段者が演武して、それから指導をするパターン。
 管理人は白帯の男の子に「平安初段」を指導することになりました。
 だいたい手順は覚えていますが、ときどき逆に回ってしまったり....
 でも、たぶん大丈夫。

 稽古が締まってから、来月の交流大会に出場する団体のメンバーがそれぞれ練習をしていました。
 なんだかとっても微笑ましい光景でした。

 管理人も始めたころはそうだったことを思い出しながら、しばし見学。

 でも、結構イケますよ、みなさん♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/731-ff8b8a32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad