日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

基本・基本・基本...

 昨夜の稽古ですが、「立ち方」の練習が主でした。

 「前屈」「後屈」「騎馬立ち」の三つを何度も繰り返します。
 また3人一組になって、この立ち方を連続して行います。

 管理人は、一般の女性と中学生の男の子との組になっておこないました。
 「前屈」は中学生が、「後屈」は管理人が、注意されてダメ出しでした。

 「騎馬立ち」はどうだったか、はっきりする間もなく基本の稽古は終了。

 「後屈立ち」は苦手です。
 前に出した足には、しっかり力が入って張りがないとダメですし、その状態で腰を後ろに引くなんて...
 

 次に移動基本に入って、帯別の挙動を行いました。
 管理人は、紫帯の男の子2人に指導を頼まれました。

 基本の時間にやった「立ち方」がしっかりできていないことが良くわかります。
 だって、前に出る挙動と、後ろに下がる挙動とでは移動する距離が全然違うんだもの。

 あと、顔の向きが中途半端。
 横目で斜に見てもダメ出すね。
 
 そして、「蹴上」や「蹴込」の足刀に神経が行き届いていない。

 そういう所がまだまだ出来ていません。
 でも、上手になっているんですよ、2人とも。
 管理人は、できているところ、良いところは素直に褒めてあげたのですが、2人とも解ってくれたかな?

 けれど、移動基本の挙動が昇級の帯のレベルに達しているかは別問題。
 管理人には、2人を「昇級できる移動基本ができた」とは認められませんでした。

 基準を甘くすることは簡単です。
 でも、陰で「あれで○○級?」とか「○○帯なの?」って言われたくないでしょ?
 それよりも、「○○級なのにあんなに上手なの!?」って言われたいでしょ!??

 そう言われるようになってください。

 組手の稽古を挟んで、形の稽古。

 「自分で選んだ形を二回練習すること」「一回目はゆっくり挙動を確認して、通して行うこと。二回目は部分を選んで二か所を二回繰り返すこと」

 こんな指示で練習です。

 管理人は、基本でやった「立ち方」がすべて入っている「平安五段」を選びました。
 
 有段者が演武して、色帯が演武します。
 レベルはそれぞれですが、やっぱり「上手になろう」と思っている者は、形にその意識が表れていると思います。
 それぞれ頑張ってね。

 稽古が締まった後、保留になっていた初段合格者の「試割り」が行われました。
 管理人は板の保持を任されました。

 挑むは小学校4年生の女の子。
 はっきり言って「弱い」んです、突きが....
 なんだか板も厚い気がするし....

 結果は、2回やりましたが失敗です。

 先生が「肘」でやってみろ、と助け舟。
 今度は先生が板を持っての挑戦です。

 結果は、残念ながら失敗。
 割れません。

 終了後、「サンドバックを突いて練習しろ」との指示が出ました。
 ちょっと難しいかな....

 でもね、二年生でも割った女の子がいるんだから、必ずできるよ!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/729-1f5792c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad