日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

昨日は...

 ようやく朝晩は秋めいた気候になってきましたね。
 九月になると違うものです。

 
 さて、道場ではいつも通りに稽古が始まります。
 昇級審査が今月末頃に行われるので、その対策を兼ねた稽古内容になりますね。

 稽古が始まる前に、胴衣を着た男の子とご両親がみえました。
 ちょうど、先生が着替えている途中だったのですが、管理人が気付いて「先生、見学の方?が...」

 見学といっても胴衣を着ているし、どこかの道場で会員になっていて引っ越しか何かで、仁武館に見学に来たのかな?という感じを受けたのですが、話を聞くと小学校1年生だそうです。
 スポーツクラブの教室に通っていて、もう少し本格的にやってみたいと言う事だったようです。

 どんな理由でも「仁武館」を選んでもらえるというのは嬉しいことです。
 その選択に応えられるレベルにならないとね、先輩たち??

 移動基本では、一本の技に集中して全力で行うという練習をしました。
 「追い突き」「手刀受け」「前蹴り」....
 気持ちが入っていない技を出すと、何度でも繰り返しやることになります。

 組手では一本組手の挙動を行い、一定のレベルにある者が無級者に「追い突き」と「上げ受け・逆突き」を指導します。
 管理人と一般の女性がこれを担当。

 色帯と白帯、そしてまだ胴衣を着ていない子。
 みんな一線横並びで「出来」を見ます。
 練習時間内でできる限りの指導をしましたが、なかなかね、出来るようにはなりません。
 でも、管理人の号令にはしっかり反応していたので、気持ちは入っていましたよ。

 そのあと、五組ほど組手の試合をして、その審判を管理人が主審、一般の女性が副審で行いました。
 相変わらず判断が難しいです。
 
 最後に形を一回練習した後、帯別に指導を行いました。
 無級者は平安初段から覚えなければいけないので、管理人も演武してから指導に回りました。
 頑張ってたよね、みんな。

 帯が上の者の演武のレベルがその帯に達していてなくて、先生がきつく指導しました。
 だって管理人が見ていたって、「それじゃダメだろ」と思うのですから、先生にしてみれば「もう少ししっかり考えて稽古しなさい」と言いたいと思います。
 
 「そんなレベルじゃ審査に行っても落ちるだけ」

 先生がそう言うのですから、そうならない様にしっかり練習してね!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/726-ceb53722
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad