日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

遅れ気味です

 最近は昼間の暑さに比べて夜が涼しくなっているので、気持ちよくって転寝などしていると更新が....

 そんな訳で火曜日の稽古も更新は今夜と言う事で....

 久しぶりに一般の男の子も稽古に参加。
 子供たちの人気を集めていました

 「今年の稽古も後半に入り、また新しい気持ちで基本の技を見直していきます」なる先生の言葉通り、基本技の練習に終始しました。

 基本と言えば、やっぱり「逆突き」
 管理人はお盆休みボケではないですが、今一つ身体が言うことを聞かず、立ち上がりは調子が上がりませんでした。

 稽古が進むにつれ、体が温まるにつれて動きもそこそこ良くなり...?
 移動基本をやるころには、既に汗だく
 動きも悪く....

 で、組手の練習に入ります。

 「一本組手」が協会の組手の基本です。
 事由に組手をしても、間合いとか気持ちのノリとか、そういったものはこの「一本組手」と同じだと言う先生の弁。
 「気合が乗らなければ突かなくてもいい」と言うのはやりすぎですが、気持ちが高まって「ここだ!」という最高のタイミングで突かなければ意味がないと言う事です。

 一般の男の子と一本組手を行いましたが、子供たちとやっているのとは緊張の度合いが違いますから左右両方終わるころには息切れします。
 俗にいう「プレッシャー」とか「圧力」というものが影響するんですよね。

 そのあと、色帯さんたちに一本組手の指導です。
 管理人は白帯の無級の男の子を指導しました。
 
 引き手がしっかり取ることができないという所と、突きが肩に力が入って上から出てしまうという所があって苦労しましたが、なんとか修正しました。

 それから、管理人・一般の女性・一般の男の子・中学生の女の子・小学6年の女の子を審判にして、組手の試合を行いました。
 色帯さんたちが選手です。
 どうしても技が極まりにくくて審判も苦労しますが、そんな試合をして稽古は終了です。

 稽古が締まった後は、久しぶりに稽古に来た一般の男の子が形の見本を見せることになり、しばらく話を交えながら形の演武をしていました。
 いつ来てもすんなりと稽古に馴染める場所と言うのはいいですね。
 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/723-7c4c4ac5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad