日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

全国終わって

 空手協会の小学生・中学生全国空手道選手権大会が先週末、長野市のエムウェーブで二日間に渡って開催されました。

 本来であれば、ここで道場から参加した選手の成績と試合ぶりを披露するのですが、今大会では管理人はコート係として二日間従事していたので、様子は全くわかりません。

 ですから、大会を振り返って感じたことをお話ししますね。

 全国から集まった選手・応援の関係者で収容人数10,000人を誇るエムウエーブもほぼ満席でした。
 長野県内の各支部の係員による運営スタッフと、県本部役員が一体となって作り上げた今回の第55回全国大会です。

 「自画自賛」ですが、過去にないスムーズな大会運営により、二日間とも午後5時には日程が終了できたのは開催前の入念な打ち合わせと、人員の大量投入による余裕を持った進行によるものに他なりません。
 改めて、県本部の実行役員のご苦労に対して拍手を送りたいと思います。

 さて、前日は午後からのコート設営準備を行い、全16面のコートを設置してみて改めてエムウェーブの「広さ」を実感しました。
 10年ほど前、やはりこの会場で全国大会が開催された時には、管理人は選手の付き添いで観客席にいましたが、やはり桁違いの広さに感心したことを覚えています。

 大会第一日目。
 今回の大会では係員も駐車場所が限定されていて、各コート6台までの駐車許可証しかなかったので、いろいろ苦心しました。
 で、子供たちは道場で練習をしてから会場入りする手筈だったので、係員の一部がまず午前5時過ぎに会場に到着しました。
 開会式が行われる関係上、コートの準備をする訳にもいかず、この時間はあまりやることもなく手持無沙汰の人が多かったのは事実ですね。
 これは、もし次回があったら改善しなければなりません。

 とは言え、会場の入り口には午前6時を回るころには100人くらいの選手・関係者が並んで開場を待っていたことから、会場準備も問題なかったので少し開場時間を早めての開始となりました。

 エムウェーブでは、コートの外側に「選手の招集場所」を設けて、更にその外側に「練習場所」を確保していました。
 この「練習場所」の広さが結果的には足りなくなって、招集場所のスペースを開放することとなるのですが、コートでの練習は認めていなかったことから仕方ないとは言え、エムウェーブの敷地内にはかなりの練習スペースがあったことは事実です。
 まあ、選手は外で練習するよりもアリーナ内で練習したかったと言う事と、それを可能にするスペースがあったと言う事ですかね...

 ただ当初、この招集場所での練習は認めていなかったことから、なし崩し的に許可してしまったのは運営側としては今後の懸案事項かと思いました。
 規制された選手と、そうでない選手が出てしまったのですから....

 そして開会式。
 選手はアリーナ内で腰を下ろしての開会式でしたが、私たち係員は壁際で立ったままでの式でした
 ここで、「熱中症」を発症してしまったのか、体調を崩してしまった監督・選手が何人か出ました。
 開会式前の練習で体温が上がりすぎたのか、水分補給がうまくいかなかったのか、なんにしても大事には至らずに済んでよかったです。
 
 管理人も様子を見させていただきましたが、エアコンの効いたアリーナ内でも当然汗は出る訳で、選手を引率する監督は余程気を使わないといけないと言うことを感じました。
 全国各地で熱中症のニュースが伝えられていますから、尚更ですね。

 開会式が終わると、即試合開始のための準備。
 今回、仁武館が担当したコートは本部席正面の第2コートでした。
 コートを挟んで、首席師範や先生方が並んでいる中でのコート運営でしたが、始まってしまえば余り気にもならず...
 いつものように試合をこなしていくだけでしたが。

 とは言っても、最初の団体戦形の部の第一試合から7審による得点形式の試合になってしまったので、少し戸惑ってしまったのは事実です。
 やっぱり得点の計算は、最初はうまくいかないものです。
 ただ、時間はかかっても正確にと言う事を心掛けてやったので、多少スムーズさを欠いてはいましたが、それも試合が進むうちに得点を読み上げ終わる頃にはボードに得点を書き込んでいる状態に持って行けました。
 
 暗算で計算する者、メモ用紙で計算する者、計算機で検算する者....
 要は「慣れ」ですが、この三段構えの体制でスピードを上げました。

 組手の試合では、観客席からの応援の歓声で計時の「ベル」の音が審判に全く聞こえません。
 また、第2コートは観客席が近い!
 そして、元気のよい某県の正面にあったのです。
 そんなわけで、計時は管理人がやっていたのですが、メガホンで時間を伝える様にしました。
 でも、それでも聞こえなかった試合は沢山ありましたけどね

 選手の招集場所とコートの距離が30メートルくらい離れているので、招集の係員と管理人が無線機を持って試合の進行具合と招集具合をやり取りしながら、ちょうどよく選手をコートに誘導するように調整します。
 普通、選手がコートに集合すると足の踏み場もなくなるのですが、やはり広さがモノを言って団体戦が終わりに差し掛かり、個人戦の選手がゾロゾロと誘導されてきても、待機するスペースも十分でした。

 選手を招集する係、誘導して選手の名前やゼッケンを確認する係、選手の呼び出し係....
 そんな係を担当してくれた皆さんが自分のするべきことをキチンとやってくれたおかげで、スムーズに試合が運び第2コートとしての試合はかなり早く消化してしまいました。

 で、まだ試合の始まっていないカテゴリーの試合の半分を引き受けて、これも時間内に消化!

 第一日目の試合は午後5時には終了し、役員、審判、選手のみんなが早くホテルに入れたことと思います。
 管理人も午後6時前には帰宅できました。

 と言う事で第一日目は終了です
スポンサーサイト

コメント

お疲れ様でした

コート係りお疲れ様でした。
私も一度だけ経験がありますが、コート係りはとても神経を使いますよね。
進行が遅れれば選手の士気にも関わりますし、
得点計算も間違えるけにいきませんし。
係りの進行の様子が詳しくお聞きできて、今後の参考になります。
ありがとうございます。

  • 2012/08/01(水) 11:12:07 |
  • URL |
  • 末ママ #tHX44QXM
  • [ 編集]

ありがとうございます

 末ママさん、ご無沙汰してますv-410

 おっしゃる通り、得点計算や進行には気を使いますよね。
 そんなところも「数をこなせば何とやら」と言う事で、無事乗り切りました。
 参考にしていただければ幸いです。

  • 2012/08/05(日) 11:25:22 |
  • URL |
  • 空手親バカ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/719-4b5dfa24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad