日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

予行演習

 小・中全国大会も月末に控え、仁武館でも大会でコートを担当することから、昨日の日曜日、保護者が集まって子供たちをモデルに模擬試合をして流れの確認を行いました。

 実際に、選手の招集からコートでの選手の呼び出し、そして実際の試合通りに、組手の試合を通して時間の計測、得点と記録の要領をやってみました。
 
 配布となっている記録用紙に書き込んでいく要領が、慣れていないことから上手にいかない場面もありましたが、自分で実際に得点板を操作していくと、なんとなくスムーズにできてきますよね。

 組手の後は形の試合です。

 どちらかというと、形の試合の方がコート係には面倒な気がします。
 トーナメントの予選の試合は、審判の判定も「旗」で勝敗が決しますから問題ありませんが、決勝戦は得点が出るので計算に気を使います。

 別に、正確を期すために得点を出す時間が、多少遅くなるのは問題ないと思いますが、そうは言ってもスムーズに進めていくためには「早く、正確に」ですね。
 得点は7人の審判が出しますから、その計算を要領よくしないといけませんが、これも実際の決勝戦と同様に選手の呼び出しから、演武を終了して7審が得点を出し、それを読み上げて係が計算、主審に伝えるという流れをおこないました。

 一番いけないのは「得点を間違えて、あとから訂正すること」です。
 選手に申し訳ないですからね。

 準備も進んできました。
 コート係として、全国から集まる選手に気持ち良く試合をして貰えるように頑張りたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/714-b80c4b89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad