日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

合同稽古と昇級審査

 先日来、お話している通り、昨日の月曜日にはお隣の道場と合同稽古が行われました。
 そして、それと並行して「昇級審査会」も行われました。

 今回、合同稽古に当たっては場所の広さも大切になってきますので、篠ノ井支部の道場ではなくて、お隣の道場の稽古場所に出向いての合同稽古となりました。

 お隣の道場は小学校の体育館を借りての稽古ですから、まず、広い!
 そして、床がスベスベ.....
 小学校自体が新築されてから、まだ10年経っていません。
 ですから施設も新しい!

 そんな体育館を使っての稽古になりました。

 いつも通り、体操から始まりましたが、これはそれぞれの道場生が掛け声をかけながら行ったので、いろいろな動作が織り交ぜられた体操になりました。
 そしてウォーミングアップで体育館を縦に使っての往復ダッシュ!
 いつもの道場より広さが2倍くらい違います。
 つまり距離が長い!

 そして、これもいつも通りの稽古が始まりました。
 一応、うちの先生が主導を取って稽古を進めたので、道場生にとっては慣れ親しんだ稽古のメニューとなりましたが、あちらの道場生はどう感じたでしょうかね....

 その場の基本から始まったのですが、移動基本までを全員で行い、そのあとは昇級審査を受ける茶帯以下の子供たちと有段者に分かれての稽古となりました。

 そして有段者は組手のコンビネーションのメニューへ。

 いつもですと、大体道場の広さから一つの挙動を4回くらいやると端まで行き着いてしまうのですが、昨夜の場合は距離が長い....

 まずは「逆突き、8本~!」で始まりました。
 これはキツイ...

 しばらくして各挙動5本、といういつもの数に戻りましたが、あまり長い移動でへばってしまう事と時間がかかるのを先生が嫌ったのでしょうか...
 締め切った体育館は、かなりの暑さで管理人はいつも通りに大汗でした。
 そのあとは相手を作っての打ち込みの練習から、技を限定しての自由組手、そして自由な組手へとメニューが進んでいきます。

 この稽古がかなり長い時間をかけて行われて、みんなもかなり疲れてましたね...
 なんだか一人だけ元気な男の子もいましたが。

 そして、しばらくしてから、4チームに分けての試合形式の稽古になりました。
 2コートを作っての試合でしたので、管理人は片方の主審と言う事で、試合はパス。
 チーム的には、道場ごとに組んで人数の足りないところに、それぞれの道場から選手が入るというような編成で行われました。

 勝敗の結果は別として、みんないつもと違った新鮮味があった稽古だったのではないですかね。

 組手の試合が終わって、ストレッチ体操をして稽古が締まるかと思いきや、昇級審査会が続いているため、有段者は形の稽古へ。
 選定形の挙動を確認しながらの稽古をしましたが、やはり全部の形を覚えておかなければならないことを痛感しました。

 そして、最後に得意形を行っておしまいです。

 昇級審査の方も無事終了して、最後に結果が発表されました。
 半級しか上がれなかった子はいたのかな....?
 なかには、先生が級を間違えて1級下げられてしまった子もいましたが、これはご愛嬌!
 本当は1級上がってるから心配しないようにね。

 いつもより1時間ほど長くなった稽古でしたが、総じて楽しい時間だったのではないでしょうか?
 
 毎度毎度じゃ大変だけど、こんな稽古もアリですね! 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/709-cd61a5e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad