日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

なかなか厳しい...

 先週末の金曜日、稽古の重点は今月末に行われる昇級審査に向けてのレベルアップでした。

 今の道場は、色帯さんたちが4割くらいで、あとの6割くらいが有段者です。
 でも、色帯さん達のレベルはというと、ちょっと怪しい....
 自分の締めている帯の色に見合っているのかな?
 もう少し、頑張ってレベルアップする必要があるんじゃないのかな....

 昇級審査のメニューに合わせて稽古が進んでいきます。

 移動基本。
 白帯さんたちは別として、紫帯の5級、4級の子達のレベルはと言うと....
 上手な子もいますが、「そのレベルでいいの?」と言う感じです。
 移動基本は、「良い技もあればダメな技もある」なら良い方で、「この技は良かったね」という印象の子もいます。
 
 指導に当たっている有段者の意見を聞くと、やっぱり手厳しい言葉ばかりです。

 組手。
 茶帯を締めている1級から3級の子たちの印象は、それほど悪くありません。
 でも、間合いの取り方とか、攻撃の位置とかが、まだまだですね。
 管理人も、そんなところを指導しました。

 形。
 「形」といっても、それは実際に受けと攻撃の用途に使った時に、その本来の目的が達成できなければ意味がなくなってしまいますから、自ずと「力」が入ってきて当然なのですが、「かたち」になってしまっている子が見受けられます。
 もう少し挙動の意味を考えて、演武するようにしないと、いつまでも「形」ではなくて「かたち」のままで行ってしまうよ。

 この審査から各道場ごとに審査を行うようになっているので、先生が門下生を判断することになります。
 普段の稽古を見ている先生だから、審査自体を厳しい目で見られたら合格者は少ないかも....

 お隣の道場と合同稽古をするというお話もあったりしますが、結局は自分が出来る様になるには「自分で練習すること」ですね。

 先生曰く「何か目的を達成するためには、何か代償を払わなければいけない」。

 そのとおり。
 審査に合格したければ、頑張って練習することだね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/707-967a18e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【なかなか厳しい...】

 先週末の金曜日、稽古の重点は今月末に行われる昇級審査に向けてのレベルアップでした。 今の道場は、色帯さんたちが4割くらいで、あとの6割くらいが有段者です。 でも、色帯さん達のレベルはというと、ちょっと怪しい.... 自分の締めている帯の色に見合っているの...

  • 2012/06/20(水) 16:17:51 |
  • まとめwoネタ速neo

FC2Ad