日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

暑くなりましたね

 今日の長野市は最高気温が28℃まで上がった「夏日」だったんです。
 ですから、今夜の稽古は「暑くなる」ことは予想できました....
 道場に入って、窓を全開にすると気持ちの良い風が吹いていきます。
 でも、稽古が始まってしまえば「気持ち良い風」はどこへやら
 熱気に対して絶対的に足りません!

 ただ管理人が熱くなって居ただけなのかも知れませんが....

 今夜の基本は「逆突き」です。
 
 「空手で一番大切な技は何?」

 と、先生が全員に問いかけます。
 それぞれが思ったことを口にしますが、「手刀受け」「追い突き」「前蹴り」...
 いろいろ出てくるのですが、常々先生が口にしているのは「逆突き」です。
 一番ポピュラーではあるけれど、一番強力な技。

 「空手の美学は上段蹴りにあり」という方もいらっしゃいます。
 それもよく分かりますよね。
 華麗な上段蹴りは本当に「美しい」のですから....

 まあ、それは置いといて、今夜のお題は「逆突き」です。
 しっかり、極まる逆突きを打てるか?
 これがお題だったのですが、やっぱり突いた時に体がブレてしまったり、腰が前に乗ってこなかったりではOKという訳にもいきません。
 色帯さんたちが数人残ったところで、その場でのお題のチェックはおしまい。

 移動基本に入ります。
 今月は昇級審査があると言う事らしく、各級の移動基本を先ずは茶帯以下の子たちが行います。
 綺麗な技を出す者もいますが、技が複雑になってくると少しづつ疎かになってしまい、できない者を先生が下げていきます。
 そして、来月に行われる昇段審査に向けての判断材料とするためでしょうか、弐段審査の基本も行いました。
 移動基本も久しぶりにやると、恥ずかしながらどこか抜けちゃったりするんですよね...
 何とか最後の「前蹴り、横蹴上、後ろ蹴り」の連続技のところまでやることができました。
 
 たぶん、弐段審査を受けようとしている中学生の男の子の実力を計り、指導をするためだったと思うのですが。
 厳しくチェックが入っていました。
 練習すれば大丈夫。
 できるようになるから

 組手に入り、少しづつ学年の下の者を下がらせていきますが、六年生の男の子と「自由組手」を行った時に、あまり間合いが近かったので、管理人の刻み突きが危なく顔面を直撃してしまいそうな場面がありました。
 「相手の届く間合いをよく考えて、自分の間合いを決めよう」とアドバイスしました。
 あ~、しっかりコントロールできてよかった

 形は「平安五段」です。
 「自分が極まったと思ったら次の挙動に移りなさい」と先生の指示でした。
 最近はひとつひとつの挙動の正確性をしっかり確認することが多いですから、今回も極まらなかったと思った挙動をやり直したりして、自分なりの練習をしました。

 最後に、一番最後にOKをもらった、奇しくも全員が紫帯の3人と、無級者が「平安初段」で勝負です。
 ある対戦は、なんとか「紫帯」の面目は保たれましたが、技の正確性などは無級者の方が勝っていたというのが本当のところ。
 うかうかしてられないですよね....

 稽古が締まった後に、小学生の女の子たちと鬼ごっこもどきで道場の中を走り回っていたら、またまた大汗でした
 あ~、今夜も疲れました。
 帰り道の「炭酸」が美味しいこと
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/705-7e108dd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【暑くなりましたね】

 今日の長野市は最高気温が28℃まで上がった「夏日」だったんです。 ですから、今夜の稽古は「暑くなる」ことは予想できました.... 道場に入って、窓を全開にすると気持ちの良い風が吹いていきます。 でも、稽古が始まってしまえば「気持ち良い風」はどこへやら 熱...

  • 2012/06/08(金) 14:56:31 |
  • まとめwoネタ速neo

FC2Ad