日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館

 このブログは管理人が汗を流す日本空手協会 長野篠ノ井支部 仁武館の活動を紹介するページです。 訪問してくださった方、一言二言、足跡を残していってくださいね。 どうぞよろしく!!  

金曜日

 さてさて、先日の火曜日の稽古は管理人は欠席でしたので様子は不明....
 
 で、今夜の稽古です。

 基本から厳しくチェックが入ります。
 どうも今夜は「立ち方」がお題だったようです。

 後屈、騎馬立ち....
 「騎馬立ち」のチェックがメインだったようですね。
 騎馬立ちから、左右の連突き、そして左右への前屈からの逆突き.....
 これを四回繰り返して、安定度、切り返しのスピードを見られます。
 一抜けは弐段の高校生の男の子と中学生の女の子。
 
 管理人は「腰の切返しが遅い」とダメ出しでした。

 どうしても「極め」を重要視すると、動作が遅くなってしまいます。
 左右の前屈逆突きが良くなかったですね

 そうは言っても、なんとか二抜けです。

 そして、それぞれが抜けて行って、残る人数が少なくなってきたところで一人ひとりに指導につきます。
 管理人は、今夜は紫帯の五年生の男の子を担当。
 「騎馬立ち」の立ち方を直します。

 この子は身体が後ろに反ってしまっていて、重心が真っ直ぐ下に落ちていませんでした。
 頭と腰の重心の位置が違っています。
 これでは「後ろ乗り」と言う感じの立ち方になってしまいます。

 これを頭のてっぺんからお尻の下まで、重心の位置をまっすぐに合わせて、更に両足の「張り」と「締め込み」を意識して、内腿を叩いてもぶれず、外から叩いてもグラつかない立ち方を意識させて、なんとかみんなの合格を貰いました。

 なかなか大変そうだったのですが、これも癖ですから自分で気にして直していかなければいけないものですね。

 ここまでがその場での基本でした。

 次に移動基本でしたが、これは割とサラリと流した感じで一通りの「一級審査」か「初段審査」かのメニューを行いました。
 そのあとで「弐段審査」の移動基本に行くのではないかと、既に大汗だった管理人はホッと胸をなでおろした次第です。

 で、次は組手。

 これも一通りのメニューをこなした後、「間合い」を考えた一本組手を行いました。
 踏み込んだ前足が、相手の前足の奥に入らなければ、突きが相手に届くことはありません。
 そんな「間合い」に注意して、一本組手、約束組手を行いました。

 そのあとは、中学生と管理人のチームと、高校生のチームでの試合。
 管理人は高校3年生の男の子との試合です。
 
 この子はもう、管理人より大きくなってます

 この試合は中段逆突きのみの試合です。
 そうは言っても、頑張って「技あり」を先取しましたが、そのあとに続けて2本とられてしまい勝負ありです。
 稽古が締まった後に後で、保護者の方に「30年近く違うんだから、動けるだけでもすごい」と慰められましたが....

 さて、形の稽古では「平安弐段」と「平安四段」を挙動の構えを重視して分解して練習です。
 構えを素早く、そして次の挙動も早くと言う練習でした。

 そして、平安形から鉄騎初段までを自己選択して演武です。
 「まだまだ出来ていないけど、時間がないから上げます」
 と言う事でとりあえずOKです。

 色帯さん達だけになったところで、「平安形、鉄騎初段なら何を選んでもいいんですよ」と先生が助け舟と言うか、難しい形を選ばなくても良いということを暗に言ったようなのですが....

 これをどう取ったか、いままで平安四段をやっていた紫帯の男の子が、鉄騎初段を選んで始めました。
 この子の中では、鉄騎初段の方が「楽」だったのかも知れません...
 又は、「難しい形に挑戦してみよう」と思ったのかも知れません...

 ですが、最初の挙動の「騎馬立ち右中段打ち」をやった後、挙動が続きません!?
 なんだかあやふやな鉄騎初段をやることに....

 もう少し考えて行動しよう。
 出来ない形なら、やっても意味はありません。
 だって「立ち方」を見ているんだから。
 「極め方」を見ているんだから。

 さらに、白帯さんたちが「平安初段」を演武して、二人が残ることになりました。
 で、良くないところを先輩に聞くことになり、一人の男の子が管理人のところにやってきました。
 「教えてください」
 
 「もっと気合いを出さないとダメだね」

 そして、もう一度演武するために戻って行ったところで、先生に「どこが悪いって?」と聞かれたところ、「わかんない」と答えているのです。
 管理人は先生に「教えてあげてないの?」と怒られてしまいました

 「もう一度聞いて来なさい」と先生に言われた男の子がやってきました。
 「教えてください」

 管理人は男の子に、最初に来た時に何とアドバイスしたか、聞いたのですが男の子は笑いながら首をかしげています。

 「教えてくださいと言ってきたなら、しっかり聞きなさい。それができないのなら、ここに来てはいけない。誰か他の先輩に聞きなさい」

 こう伝えて、もう一度「気合が足りない」とアドバイスしました。
 
 アドバイスを貰いに来た者に対して、先輩たちは、なんとか悪いところを理解してもらって、直せるようにアドバイスをします。
 それをしっかり聞くことができないようでは、上手下手以前の問題です。

 しっかりした気持ちで稽古に集中して欲しいですね
 
 
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jinbukan.blog110.fc2.com/tb.php/703-676bca35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【金曜日】

 さてさて、先日の火曜日の稽古は管理人は欠席でしたので様子は不明....  で、今夜の稽古です。 基本から厳しくチェックが入ります。 どうも今夜は「立ち方」がお題だったようです。 後屈、騎馬立ち.... 「騎馬立ち」のチェックがメインだったようですね。 騎馬立...

  • 2012/06/02(土) 00:30:22 |
  • まとめwoネタ速neo

FC2Ad